事例紹介

AI翻訳で翻訳を効率化

AI翻訳はただ導入するだけでは翻訳業務の効率化にはつながりません。AI翻訳をうまく使いこなすには、どのようにワークフローに組み込むか、AI翻訳の誤りを人手工程でどうカバーするか、翻訳対象のデータファイルをどう扱うか、さらにAI翻訳自体をどうカスタマイズするか、など考えるべきことは多岐にわたります。
このページでは、私たちがカスタマイズしてお客様に提案したAI翻訳の活用事例をご紹介します。

事例紹介

事例1:CIOMSフォームの英訳

薬を服用して副作用が起こった場合、医薬品メーカーはそれを速やかに報告する義務があります(医薬品・医療機器等安全性情報報告制度)。そしてその情報を世界中でシェアするために、報告書はCIOMSフォームと呼...

事例2:同意説明文書の英訳

同意説明文書とは、患者さんに治験に参加してもらうための説明書類として用いられる文書です。患者さんが読むための文書なので一般の製薬ドキュメントとは文体が異なり、またルビがふってあったりするなどファイル構...

ページの先頭へ