ASCAの強み

既存技術(CATツール)や言語資源の活用

私たちはAI翻訳の開発と並行して、AI翻訳を私たちの翻訳サービスの中で活用するためのワークフロー設計も進めてきました。AI翻訳はそれ自体優れた技術ですが、業務の効率化やサービスの改善につなげるには、文書種や領域にあわせて使い方をカスタマイズする必要があります。
具体的には、ポストエディットも含めてワークフローを最適化するため、CAT(computer-assisted translation)ツールや翻訳メモリ、さらには分野に特化した用語集などの言語資源を利用し、翻訳スピードの迅速化や品質の安定化を目指しています。

翻訳プロセスの中のAI翻訳

翻訳というサービスの中で、いわゆるテキストを変換する作業は、実はこの複雑なサービスの中のひとつのプロセスに過ぎません。私たちの翻訳サービスでは、資料の読み込みなどの前準備、用語や表現などのカスタマイズ、品質管理工程、数値などのテクニカルチェック、ドキュメントレイアウトの編集なども含めた一連のワークフローに基づき、高品質な翻訳成果物を提供しています。
この考えはAI翻訳を用いた場合も変わりません。AI翻訳の恩恵を最大限享受するために、効率化や品質の安定化を図り最適化されたプロセスをご提案します。

AI翻訳を用いたコストとスピードの最適化

AI翻訳はただ使うだけでは品質の安定化を望めず、ただポストエディットするだけではコストもスピードも大して改善できません。つまりAI翻訳を導入するだけでお客様のニーズに十全にお答えすることはかなわないと考えています。
コストが大事なのか、スピードアップが必須なのか、その両方を目指したいのか。私たちはニーズをきめ細やかに聞き取り、ただそれをできると請け負うのではなく、根拠に基づいたメソッドとストラテジーを提案し、ニーズの充足を目指していきます。

人手翻訳とのインテグレーション

AIは人間にとって万能な技術ではなく、それはAI翻訳も例外ではありません。エラーの制御、表現や語彙のカスタマイズなど、AI翻訳を適切に利用するには人間側でも知識やノウハウに基づいてAIをサポートしていく必要があります。ポストエディットもAIと人間の協調の一例と言ってよいでしょう。また、あるときはあえてAI翻訳は使わず人手翻訳するほうが生産性の高い選択肢となるかもしれません。
私たちは、AIの柔軟性と人間の経験を統合(インテグレーション)することで、よりスピーティで、よりコストパフォーマンスに優れ、よりクオリティの高いサービスを提供する、Total Solution Providerとして医薬品開発や医学研究をサポートしていきます。

ページの先頭へ