AIKO SciLingual

対応するファイル/エンジンと言語

対応するファイル

Word、Excel、PowerpointなどのOfficeファイルから、TMS(翻訳管理システム)向けのファイルフォーマットとして、TMX、TBX、CSVに対応しています。ファイルサイズが大きい、画像が多い、文書構造が複雑な場合は、翻訳時間が通常より多くかかることが予想されますのでご了解ください。また、翻訳管理システム向けに、翻訳メモリ、及び用語のインポート/エクスポートが可能です。

エンジンと言語

ユーザーの方には、言語を選び、使う文書、用途に応じて以下の中からエンジンを選択いただきます。

医学・医薬関連文書(日⇔英、日⇔中)はSciLingual、販促資料など、比較的やわらかい文書、メール、多言語などは、Google TranslateまたはMicrosoft Translateをお選びください。

ASCAが開発した医学・医薬に特化した日⇔英、日⇔中エンジンです。国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) が開発したAI翻訳エンジンをもとに、臨床、非臨床などの医薬文書、医学論文などの独自に収集・翻訳したデータ、自社でエンジンをアダプテーションしました。

<対応言語>
日本語⇔英語、日本語⇔中国語(簡体字)
<対応文書>
臨床分野:治験実施計画書、総括報告書など
非臨床分野:承認薬データベースのCMC、薬理・毒性・ADMEなど
論文:がん、感染症、循環器、細胞生物学、免疫学の医学論文など

学習に必要なデータの研究、分析に基づき、公開されているデータから必要な原文を収集。約90万文を独自に人手翻訳し、独自の対訳データをもとに機械学習させた結果、汎用モデルと比較し、全体でBLEUスコア約10pt 以上が向上ました。

また、薬品名などの医学・医薬分野の専門用語・固有名詞を正確に翻訳します。

日中、中日翻訳にも対応
SciLingualエンジンは、日本語⇔中国語の翻訳にも対応しています。独自の技術で日本語⇔英語と英語⇔中国語のAI翻訳をリレーさせ、薬剤名、固有名詞などの用語辞書の導入により中国語の専門用語や固有名詞を正確に訳出できるようにしました。
中国語の資料や文献からの情報収集、中国企業とのコミュニケーションなどにご活用いただけます。

<翻訳に適した文書>

  • 中国国家薬品監督管理局(NMPA)のリリース記事
  • 薬事関連法令
  • 『中外医学研究』『当代医学論叢』などの雑誌掲載記事
  • 学術論文

リレー方式を使うため、日⇔英に比べて翻訳に時間はかかりますが、精度、専門性では世界に例がありません。
言語(日本語と中国語、または中国語と日本語)をお選びいただき、エンジンはSciLingualを選択ください。(英⇔中翻訳出力のご用命は別途ご連絡ください)

米グーグル社が開発する翻訳エンジンです。
以下の全言語に対応し、世界トップレベルの翻訳品質・スピードを達成しています。メール、社内のビジネス文書に向きます。

アラビア語、ベンガル語、ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、ヒンディー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、モンゴル語、マレー語、ミャンマー語、ネパール語、オランダ語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、スウェーデン語、タイ語、タガログ語、トルコ語、ベトナム語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)

米マイクロソフト社が開発する翻訳エンジンです。
モンゴル語、ミャンマー語、タガログ語以外の全言語に対応しています。