Science Japan Meeting 2018― 日本の科学の未来を創る ―

  • home
  • Science Japan Meeting 2018 ― 日本の科学の未来を創る ―

Science / AAASJapan & Science / AAAS:
For the Future of Science and Innovation in Japan

米国科学誌 Science の発行元である米国科学振興協会 AAAS より、最高経営責任者 Dr. Rush D. Holt 及び関係者を招き、初めての Science Japan Meeting を開催致します。国内産官学からのご講演をいただき、日本の科学の未来を創るための方策を考えます。

開催概要

日時 2018年9月20日(木)13:00~20:00
会場 Tokyo American Club(東京都港区麻布台2-1-1)
参加者 Science、姉妹誌に掲載された研究者、大学関係者、 企業の皆様など、科学振興に努めておられる方々(招待者のみ)。

プログラム

※日英同時通訳がつきます。

開会挨拶

Mr. Bill Moran

Publisher of Science Family of Journals, AAAS

<プロフィール>
Science および姉妹紙の Publisherとしての責任に加え、Custom Publishing、大学や研究機関などのアウトリーチ、国際協力など新しいサービスの導入にも大きく貢献。中国支社(北京)を立ち上げ、中国科学アカデミーとの Partner Publishing を成功させるなど、海外とのコラボレーションにも精力的に活動している。

<メッセージ>
Dear Attendee,
In recent years, we have witnessed both significant advances in science and a lack of trust in science by governments and the public. We have seen countries and governments change policies and move away from evidence-based decisions. A lack of investment in motivating young diverse talent to move into STEM or to support international collaboration by promoting International post-doctoral programs.
Yet, there are some countries that have chosen to embrace innovation to not only advance society but to drive innovation through continuous increases in funding for basic research. Patience and a strong drive have now positioned these countries to potentially take the lead in scientific innovation.
Science/AAAS believes in science without borders and we would like you to attend and participate in our event. You will have the opportunity to listen and interact with the following speakers at our event. The goal of our meeting is to bring together thought leaders in policy, publishing and research to discuss the current state of science on a global and local level.

<抄訳>
近年の科学の発展は目覚ましいものの、政府や市民から十分に理解を得られているとは言えません。それは科学政策にも現れており、例えばSTEMの振興やポスドクの活用はいまなお課題のままです。しかし、新興国の中には基礎研究への投資によって科学振興を強力なイノベーションに導いている国もあり、その取り組みは注目に値します。このミーティングでは、科学政策、科学出版、そして研究の各面でリーダーシップを取る演者を招き、Science/AAASの「国境のない科学」の理念のもと、科学の未来について議論します。日本の皆様と会えるのを楽しみにしています。

基調講演

"Advancing Science Through Publishing, Communications, and Advocacy."

Dr. Rush D. Holt

Chief Executive Officer and Executive Publisher of Science Family of Journals, AAAS

<プロフィール>
教員、科学者、管理者、政策立案者を歴任。1987~1998年米国エネルギー省傘下のプリンストンプラズマ物理学研究所 (Princeton Plasma Physics Laboratory) 副所長、1999年~2015年ニュージャージー州選出の下院議員。ニューヨーク大学物理博士課程修了。

<概要>
Dr. Rush D. Holt, Jr. is the current Chief Executive Officer of the American Association for the Advancement of Science (AAAS) and a former congressional member of the U.S. House of Representatives. In his role with AAAS, Holt leads the world's largest multi-disciplinary scientific and engineering membership organization. On Capitol Hill, Holt established a long track record of advocacy for federal investment in research and development, science education, and innovation. Holt will deliver the speech that addresses the intersection of science, policy, and public service.

講演

"The Other Impact Factor AAAS: Supporting Diversity in Science"

Dr. Shirley M. Malcom

Director, Education and Human Resources Programs (EHR), AAAS

<プロフィール>
ワシントン大学で動物学学士、UCLAで同修士号、ペンシルベニア州立大学で生態学博士号を取得、その後、国内外の大学より13の名誉学位を授与される。高校で理科の教師、大学で生物学を教える傍ら、国立科学財団(NSF)の科学教育部のプログラム・オフィサーを歴任。
その後はHoward Heinz Endowment 米国自然史博物館、モーガン州立大学などの理事を歴任し、教育改革と科学技術教育やキャリアなどに取り組む多くの国家委員会委員長を務める。カーネギー・コーポレーション元理事。現在はAAASおよびアメリカ科学アカデミーのフェロー。 2003年には国立アカデミーから最高位であるPublic Welfare Medalの賞を授与された。

<概要>
Since its founding in 1848, AAAS was always open to all. With the movement for civil rights in the1960s and women's rights in the early 1970s, the organization undertook programs and adopted policies to more actively promote diversity and inclusion in STEM.
AAAS has also enjoyed diversity in its governance. Since 1971 with the election of its first woman president, mathematician Dr. Mina Rees, forty percent of AAAS presidents have been women.
The presentation will provide a brief overview of AAAS efforts, past, present and future, to support diversity inclusion and excellence in science.

『若手研究者を支援するしくみ-次世代の主役を育てずに生き残る国はない?』

永野 博 氏

AAASフェロー
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター特任フェロー・研究主幹

<プロフィール>
1973年科学技術庁入庁、2001年鹿島建設(株)エンジニアリング本部次長、2002年に文部科学省国際統括官及び日本ユネスコ国内委員会事務総長を経て2004年には文部科学省科学技術政策研究所長。科学技術振興機構研究開発戦略センターフェロー、2006年より科学技術振興機構理事、2007年から政策研究大学院大学教授(現非常勤講師)、2008年よりイーター国際核融合エネルギー機構財務監査委員会委員長、2009年より中国科学院科技政策・管理科学研究所招聘教授(現在)、2011年から経済協力開発機構(OECD)グローバルサイエンスフォーラム(GSF)議長、2014年より文部科学省技術参与、2015年には慶応義塾大学特別招聘教授(現訪問教授)、2015年研究・イノベーション学会会長(現顧問)、2016年よりAAASフェロー。

<概要>
研究に対するファンディングでは、評価が短期的なものに陥りがちである。若手研究者支援では長期的視点が不可欠だが、普通はそのような評価をする余裕はない。たまたま、私自身が1990年代にかかわった「さきがけ研究21」という、若手研究者にそれなりの資金を与えて自由に、自律的に研究をさせる若手研究者支援事業からは、その後、日本の研究をリードする人材が数多く輩出している。そこで、この支援事業の何が彼らの人生にどのような影響を与えたのかを探りつつ、また、海外での事例も参考としつつ、若手研究者支援制度のあるべき姿を考える。わが国では博士課程に進む学生の数が減少しているが、少子高齢化の叫ばれる現在、日本の将来は次世代を担う若い人々の肩にかかっていることを改めて認識し、若手研究者の奮起を促す観点から、研究関係者やファンディング機関、さらには企業や幅広い人々が何を考えるべきかを取り上げたい。

世界レベルの研究拠点を作る:WPI-AIMRの活動

小谷 元子 氏

東北大学大学院理学研究科教授, 材料科学高等研究所(AIMR)所長

<プロフィール>
1983年東京大学理学部数学科を卒業、東京都立大学大学院理学研究科博士課程で微分幾何学を学び、理学博士。1999年より東北大学大学院理学研究科助教授を経て現職。2012年より東北大学WPI-AIMR原子分子材料科学研究機構(現 材料科学高等研究所)長。マックスプランク研究所(独)、高等科学研究所(IHES)(仏)、ニュートン研究所(英)など短期・中期の海外研究歴がある。2005年に自然科学の分野で、顕著な研究業績を修めた女性科学者に贈られる第25回猿橋賞を受賞(「離散幾何解析学による結晶格子の研究」)。日本学術会議会員、日本数学会理事、総合科学技術イノベーション会議員を務める。

Expectation on Academic Research & collaboration for Innovative Drug Development

古賀 淳一 氏

第一三共株式会社専務執行役員・研究開発本部長

<プロフィール>
京都大学農学部卒、医学博士(京都府立医科大)
日本ケミカルリサーチ株式会社取締役研究開発本部長、アムジェン株式会社/武田バイオアムジェン株式会社取締役開発推進本部長を経て2009年に第一三共株式会社に入社、2017年より現職。
日本製薬工業協会 ICH プロジェクト委員(国際ガイドライン作成)、バイオ医薬品委員会委員、一般社団法人バイオインダストリー協会理事、文部科学省ライフサイエンス委員会創薬研究戦略作業部会委員、一般社団法人産業競争力懇談会(COCN)実行委員など多方面で活動。

<概要>
It is impossible to complete innovation internally then always collaboration with academia. It is extremely natural to pharma business because clinical trial must be conducted with academia medical professional. Recent initiative of academia even leads reverse translation for drug development together with bio-informatics. Here, I would like to summarize a typical example of Japan based global pharma and describe our challenge with academia scientists with variety of format.

田中 愛治 氏

早稲田大学政治経済学術院教授, 早稲田大学グローバルエデュケーション センター所長, 次期総長

懇親会

主催者等

主催 株式会社アスカコーポレーション
共催 Science/AAAS(米国科学振興協会)
後援 産業競争力懇談会(COCN)
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
協賛 ユサコ株式会社
お問い合わせ 谷 美雪  mtani@aaas.org
佐々木 薫 ksasaki@aaas.org
ページの先頭へ