学ぶ

  • home
  • Topics
  • 学ぶ
  • ASCA Science Writing School:論文コースのご紹介
  • 2020.06.15
  • 学ぶ

ASCA Science Writing School:論文コースのご紹介

将来的に英語論文のライティング業務に携わることを目指している方々のために、以下の内容が理解できるような学習の場を提供します。

ASCA Science Writing Schoolの概要についてはこちら


ゴール

  • 英語論文を読解し、解説資料を作成できる
  • 非臨床及び臨床に関する英語論文を作成できる
  • 英語論文の投稿から受理されるまでのプロセスを理解し、実践できる

主な学習内容

  • 論文の作成目的と基本構成
  • 英語論文を作成するために必要なスキル
  • 英語論文の各構成パートの実践的な作成方法
  • 英語論文の投稿から受理までの実践プロセス

カリキュラム

1回目:論文とは?

  1. 作成目的
  2. 基本構成
  3. 各構成パートの概要
    タイトル(Title)
    著者(Author Information)
    要旨または抄録(Summary or Abstract)
    緒言(Introduction)
    材料及び方法(Materials and Methods)
    結果(Results)
    考察(Discussion)など

2回目:英語論文を作成するために必要なスキル

  1. 論文作成のプロセス
  2. 論文作成に必要なスキル
    文献検索
    英語論文の読解及び解説資料の作成
    辞書等を用いた英作文
    投稿規定の理解
    E-mailによる投稿から受理までのやり取り など

3回目:英語論文の作成に役立つテクニック・知識

  1. 論文作成の際に役立つ辞書・参考書
  2. 理解しておきたい英文法
  3. ICMJEの活用
  4. 役立つ表現
    原因・結果
    理由
    比較 など
  5. 単語数を減らすコツ

4回目:論文を作成する際に気を付けたいこと投稿規定、Authorship、剽窃 など

5回目:表題(Title)及び要旨または概要(Summary or Abstract)作成の重要ポイント

6回目:緒言(Introduction)作成の重要ポイント

7回目:材料及び方法(Materials and Methods)作成の重要ポイント

8回目:結果(Results)作成の重要ポイント

9回目:考察(Discussion)作成の重要ポイント

10回目:結論(Conclusion)、謝辞(Acknowledgements)利益相反(Conflicts of Interest)及び引用文献(References)作成の重要ポイント

11回目:臨床試験に関する論文作成の重要ポイント

12回目:英語論文の投稿から受理までのプロセス

*毎回の講義では講師より課題が提供されます。
*カリキュラムは受講生や進捗の状況により、入替えや変更の可能性もございます。

担当講師

益田 和義

フリーランスメディカルライター。薬学博士(大阪大学)、工学修士(早稲田大学)
内資系製薬会社の研究所に22年間勤務し、17年間はDrug Delivery Systemの研究に,その後5年間は探索ADME (Absorption, Distribution, Metabolism, Excretion) に関する開発研究に従事した。この間に16報の論文発表及び6件の特許出願を行い,開発研究では10以上の開発化合物を選出している。その後開発部に異動し,非臨床担当責任者として13年間で10以上の開発プロジェクトを承認申請に向けてリードした。退職後は、フリーランスのメディカルライターとして、市販後資材、学会レポート、論文、IB並びにCTDなどの医薬品に関する資料の作成支援を行っている。

益田講師へのインタビュー記事はこちら

応募フォーム

ASCA Science Writing School応募フォーム

入力例:0312345678

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須

お問い合わせ先

ASCA Science Writing School事務局
株式会社アスカコーポレーション
担当:伊藤・西澤
電話:06-6202-6272
メール:writing_school@asca-co.com

ページの先頭へ