学ぶ

  • home
  • Topics
  • 学ぶ
  • ASCA Science Writing School講師へのインタビュー<論文コースの益田講師>
  • 2019.12.24
  • 学ぶ

ASCA Science Writing School講師へのインタビュー<論文コースの益田講師>

アスカコーポレーションは、医薬・サイエンス分野のライティング技術を学ぶASCA Science Writing Schoolを2020年1月から開講し、主にCTDなどの治験文書を扱う「治験コース」と、論文(臨床・非臨床)を扱う「論文コース」の2つのコースをご用意します。masuda-san-small.gif

今回は、その「論文コース」の講師である益田講師へインタビューをおこないました。
ライティングに携わるきっかけやフリーランスとしてのやりがいも語っていただいています。ぜひご覧ください!

<益田講師の論文コースの詳細はこちらをご覧ください>
論文コースのご紹介

<もうひとつのコースである、治験コースの三宅講師へのインタビューはこちらをご覧ください>

ASCA Science Writing School講師へのインタビュー<治験コースの三宅講師>

どんな子どもでしたか?

幼い頃、虫取りや釣りに一人で行っては親を心配させていました。新しいものを創り出していく科学者や研究者は夢のある仕事をしているように思えて、幼心に憧れを抱いていました。

大学時代の研究テーマは何ですか?

応用生物化学の研究室で、包接という高分子の物質がその分子鎖間のスペースに低分子の物質を内包する現象に関する研究をしていました。

会社員時代に経験した思い入れのある仕事をおしえてください。

入社してすぐに取り組むことになったドラッグデリバリーシステムの研究です。この中でも、博士号を取得したモノクロナール抗体を用いた癌へのターゲティングに関する研究は、特に思い出深い仕事となりました。

フリーランスに転向するきっかけを教えてください

定年退職をきっかけにフリーランスになりました。文書を生み出していくライティングは自分にとって好きな仕事ですし、平日の自由な時間も楽しめています。

プライベートはどのように過ごしていますか?

ワインや日本酒のセミナー講師とそのための自己研鑽、ジャズ鑑賞、ゴルフ、、、、沢山あって時間が足りません!

※事務局追記:益田講師はJ.S.A.ワインエキスパートとSAKE DIPLOMA の資格をお持ちです。

フリーランスとして働く大変さはどんなところでしょうか?また、それをどう克服していますか?

問題に直面した時に相談できる相手がすぐ隣にいないことでしょうか。新しいことへの挑戦は不安ですが、じっくり考えることで解決の糸口がみえてくることを経験上知っているので、日々乗り越えています。

フリーランスとしてのやりがいはどんなところにありますか?

直接自分の成果になることです。そのほうが達成感や充実感を得やすいので、自分に合っていると思っています。

未来のライターに向けてアドバイスを

総合的に物事を理解できる人が理想です。今の仕事のスキルを高めつつ、その周辺にあることを深めたり、ネイティブが書いた英語論文を愛読し、英語や日本語の解説資料を作成するなど、日々努力することが大切です。

ページの先頭へ