ニュース

  • 2020.02.03
  • ニュース

25周年を迎えて

社長ブログ更新しました。

1月10日は大阪城迎賓館で、また23日は東京のGINZA SIXで、ASCAの25周年記念新年会を開催した。お忙しいだろうに、翻訳者さん、チェッカーさん、クライアントの皆様や関係者の方々にお集まりいただいた。本当にありがたいことである。

1995年1月17日早朝に起こった阪神大震災が会社を作るきっかけになった。あっという間に町が壊れ、多くの人命が奪われた。いつ死ぬかわからない、したいことをやろう、どうせなら世の中の人のためになることを、と思って会社と立ち上げたのが25年前である。神戸の震災がなかったらASCAは誕生していなかった。

3月にはサリン事件が起こり、日本中が重苦しい時期でもあった。なぜそんな時に会社を?ともよく聞かれた。決まって答えたのは、「今以上にひどくはならない」って。いろんなトラブルや苦労はあったものの、今になればすべて笑い話である。苦労させてもらった、と心底感謝している。

神戸に住んでいた田村とともに多くの人と出会い、一緒に仕事を続けることができた。当時の社員、翻訳者さんの多くは、翻訳者として、チェッカーとして、ASCAの品質を支えてくれている。20年以上の付き合いの長い翻訳者さんが多くいることはとても嬉しく、頼もしく、心強い。

クライアントの方にとっても当初ASCAに発注するのは勇気がいったに違いない。とても小さな会社だったASCAに大切な文書を託してくださったわけである。"小さくとも世界一のサービスを目指す"と勝手に豪語していたのだろう。今のような厳しい監査社会ならあり得なかった。ありがたいことである......

続きはこちらへ https://asca-co.tumblr.com/

ページの先頭へ