ニュース

  • 2020.12.18
  • ニュース

本邦初?"オンライン忘年会"開催!

ASCAでは毎年このシーズン、大阪と東京で、翻訳者さん、チェッカーさん、ライターの方々などをお招きし、
日頃の感謝を込めて忘年会を催しているが、今年はこんなご時世、思い切ってオンライン忘年会を昨日開催した。
コンセプトは"何とかしますのASCAです"。
移動時間も不要、昼間なので子育て中の皆様にも気軽に参加していただけるし、遠方の人も参加が可能に。
Zoom Meetingを使い、画面の中に100名以上が集合したから圧巻だ。

AAMT会長、NICTフェローの隅田英一郎先生より「Stories since 2021」と題し、
これからの機械翻訳、自動通訳の展開などをわかりやすくお話しいただき、技術の進化を再認識した。
その後は社員の自己アピールや各自の取り組みなどを紹介。
おもしろ表彰式の企画や小部屋懇談会など、あっという間の2時間だった。
初めてのZoom Meetingだったので、使い方がわからない、ネットが落ちた、聞こえない、などのトラブルが心配だったが、
新人中心の実行委員の皆が頑張ってくれたおかげで大きな問題は生じなかった。
参加いただいた、翻訳者さん、チェッカーさん、ライターの皆様への日頃の感謝とともに、
準備と運営をしてくれた社員たちに心から感謝を伝えたい。
来週22日にも2回目を開催する。夕方の時間帯を設定し、ヨーロッパからの参加も可能に。
バイリンガルの司会を入れ、ミニレクチャーの講師は関西大学の山田優先生、他の企画も中身は変わる。
次回は食べたりお酒を飲みながら。17日だけでなく是非22日も参加いただきたい。
今年もあと2週間、コロナで開け、コロナで終わった2020年だった。
先が見えない1年だったけど、2021年は少し霧が晴れそうな嬉しい予感がする。
ASCAのサービスと経験が、世界の人たちの命を救うと信じて頑張るつもりである。
今年一年本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ