コラム

  • 2021.07.28
  • コラム

夢はとまらない:翻訳の神様、勝田会長、安らかに

日本翻訳連盟の創始者であり、株式会社十印の創業者である勝田美保子氏が7月20日に亡くなられたとの知らせを受けた。93歳だった。

1963年、前回の東京オリンピックの前にタイプの会社を起こし、その後、翻訳、国際会議、機械翻訳など、常に時代のニーズに応える仕事に取り組んでこられたすごい方である。英語教師、結婚、退職、出産、専業主婦、という当時の王道を歩まれたのに、30代でその座を捨て、流れる川に飛び込まれたような人生だ。翻訳連盟でのご活躍はもとより、十印の社長、会長在任時には、個人的にも多くの指南をいただいた。

とても軽い花柄のおしゃれな折り畳みの傘をいただいたことがある。仕事柄、歩き回るのに、傘が重いのは大変でしょう、という心配りである。

私が京都で主催した「第28回翻訳祭」には東京から駆けつけてくださり、文化勲章が決まった長尾真先生との懇親会でのツーショット(日本翻訳連盟所有)が忘れられない。