お知らせ

  • 2021.11.18
  • お知らせ

AIKO SciLingualご案内

医学・医薬特化型AI翻訳サービスです。AI翻訳だけでなく、編集・共有、翻訳相談、依頼まで、ワンストップの翻訳プラットフォームを提供します。精度を高めたい、専門性にこだわりたい、学習させたい、共有したいなど、現場の皆様の期待に応えるため、医薬翻訳に特化した翻訳プラットフォーム、AIKO SciLingualが誕生しました。英語⇔日本語だけでなく、中国語⇔日本語にも対応します。

お試しください

AIKO SciLingualとは

医薬に特化したオリジナルの翻訳エンジンを搭載し、様々な文書、使用目的などに合わせてお使いいただくことが可能です。

  1. 使いやすいクラウドシステム
  2. 使いやすいCATツールが標準装備:用語集、対訳データも簡単に保管
  3. セキュア:第三者機関にデータが二次利用されることがないので機密文書も安心です。
  4. 使い放題:ファイルの大きさには制限がありますが*、何度でもお使いいただけます。
  5. Google 、Microsoftなど、セキュアな汎用エンジンも搭載しています。
  6. ASCAがサポート:辞書の作成、対訳データの管理含め、文書の目的などに応じてPEや翻訳で解決します(料金別途)。

*:100,000字以内

SciLingualのロゴ

AIKO SciLingualの名称は、人工知能(AI)を擬人化し(AIKO)、Scienceと Bilingualを組み合わせ(SciLingual)、ロゴはベンゼン環と双方向の矢印で翻訳をイメージして作ったマークです。AIKOが翻訳やプロセスの改善をサポートします。

導入の効果

今までは、

  • 自分で翻訳する
  • 派遣の人などに頼んで翻訳してもらう
  • 翻訳会社に見積もりをとって発注
  • 自社に導入された機械翻訳エンジンを使って下訳、その後自分で編集
  • 自社の機械翻訳の結果を翻訳会社に送ってPEしてもらう
  • 翻訳は諦める

これからは、

  • AIKOで下訳し、自分でPE
  • AIKOで下訳し、派遣の人などにPEを依頼
  • AIKOの下訳を自分でPEする時間がない、不安がある場合は、ASCAに相談。ASCAが品質や目的、予算、納期などに合わせて解決
  • 翻訳文書を保存しておけば、次回の同じような文書にも使える
  • データが増えるほど、AIKOの精度が向上
  • とりあえずAIKOにかけてみる

搭載されているエンジン

SciLingualのロゴ

AIKO SciLingual には医薬に特化したエンジン「SciLingual」が搭載されています。SciLingualは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発する翻訳エンジンに、アスカコーポレーションが独自に作成したデータを機械学習した特別モデルです。日英、英日に対応し、臨床、非臨床など医薬全般に加え、医学論文を強化しています。英⇔日、中⇔日に対応し、臨床、非臨床など医薬全般に加え、医学論文を強化しています。

Google翻訳のロゴ

米グーグル社が開発する翻訳エンジンの有料版です(料金に含まれています)。27言語に対応し、世界トップレベルの翻訳品質・スピードを達成しています。多言語、メール、企画書、広報文書など、ビジネス一般的な文書に適しています。

Microsoftのロゴ

米マイクロソフト社が開発する有料翻訳エンジンです(料金に含まれています)。モンゴル語、ミャンマー語、タガログ語以外の24言語に対応しています。多言語、ビジネス一般文書にご利用ください。

万全のセキュリティ

業務で"AI翻訳"をご利用になる場合の多くは機密情報を含む文書を扱いますから、セキュリティは非常に重要なポイントです。弊社のエンジンでは翻訳データを個別に管理し、他ユーザー、他企業にデータは流出しません。データ通信の暗号化、バックアップなど安全に対する各種対策を行い、脆弱性診断をパスするなど、セキュリティの厳しいその企業様にも情報漏洩リスクを心配することなく、安心してお使いいただけます。
無料で使えるウェブ翻訳の規約には「入力した原文はアルゴリズム改善に使われる」と記載が有り、安易に使うことはデータ漏洩の危険性につながりますが、弊社のAI翻訳は、万全の対策を取り、データの二次利用は一切しないことを明記しています。

その他の特徴

  • データ・アプリケーションの細分管理
  • データの暗号化
  • データの常時バックアップ
  • 24/7のシステム監視
  • 脆弱性・ハッキング対策
  • SSO(シングルサインオン)
  • プライベートクラウド・オンプレミス導入

シンプルなユーザーインターフェイス(UI)

スタート画面でファイルをドロップするか、テキストを入力してエンジンと言語を選び、スタートボタンを押すだけでAIが翻訳してくれます。ユーザーマニュアルをご覧ください。

スクリーンショット

スクリーンショット

オーダーメイドプロ翻訳サービス(ASCAへ依頼)

翻訳証明が必要、社外文書等はプロ翻訳者の対応が必要です。AIKO SciLingualをお使いいただくお客様には、納期、品質、仕上がりや費用などをお伺いしたうえで、プロによる、用語やレイアウト、テンプレート合わせなども含めた「PE(ポストエディット)」、PDFのテキスト化、英中、中英のMT出力サービスなど、お客様のニーズに合わせたサービスを提供します。

料金プラン

お試し導入向け 企業/部署・チーム導入向け
スターター 3 スターター 5 スモール ミディアム ラージ エクストラ・ラージ
¥30,000/月 ¥40,000/月 ¥80,000/月 ¥140,000/月 ¥280,000/月 ¥500,000/月
ユーザー:3 ユーザー:5 ユーザー:15 ユーザー:30 ユーザー:100 ユーザー:300
翻訳マネージャー : 1 翻訳マネージャー : 1 翻訳マネージャー : 3 翻訳マネージャー : 5 翻訳マネージャー : 10 翻訳マネージャー : 20
(¥10,000/ユーザー/月) (¥8,000/ユーザー/月) (¥5,333/ユーザー/月) (¥4,667/ユーザー/月) (¥2,800/ユーザー/月) (¥1,677/ユーザー/月)

初期費用 : ¥ 100,000 (カンパニープラン共通)、翻訳マネージャーアカウントの追加: ¥ 4,000/月
契約は年間契約のみとなり、サービス利用開始時に一括払いとなります

お試しください

AIKO SciLingualをお試しいただくために、法人名、部署、お名前、お電話番号、メールアドレスを以下のアドレスにお送りください。
3アカウントまで登録が有効で、2週間、無制限でご利用が可能です。法人の方に限定させていただきます。
aiko.scilingual@asca-co.com
環境を設定し、利用登録のご案内をお送りさせていただきます。

よくある質問

AI翻訳

対応している言語は?

SciLingualエンジンは日本語⇔英語、日本語⇔中国語(簡体字)に対応しています。
AIKO SciLingual全体では以下の27言語に対応しています。
アラビア語、ベンガル語、ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、ヒンディー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、モンゴル語、マレー語、ミャンマー語、ネパール語、オランダ語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、スウェーデン語、タイ語、タガログ語、トルコ語、ベトナム語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)

中国語は簡体字だけでなく、繁体字にも対応できますか?

簡体字のみの翻訳となり、繁体字には対応していません。

医学・医薬に関し、英語⇔中国語には対応していますか?

対応していません。必要な場合は「見積依頼」してください。

アップロードできるファイルの種類は?

Microsoft Office2007以降のワード(.docx)、エクセル(.xlsx)、パワーポイント(.pptx)およびCSV(.csv)、HTML(.html)、PDF(.pdf)、TXT(.txt)に対応しています。

アップロードできるファイルの文字数・サイズの制限は?

1ファイルあたり100,000文字(英語はキャラクター数:AIKOは4文字、日本語は文字数:アイコは3文字)、もしくは45MBまで。翻訳対象ではない図や写真により容量が大きい場合、翻訳に時間がかかったり、翻訳できない場合があります。

翻訳エンジンは何がありますか?

Google、Microsoft、SciLingualの3種類から選択できます。

  • SciLingual:標準装備
  • Google:標準装備
  • MS:標準装備

翻訳エンジンは変更できますか?

変更できます。翻訳言語ボタン右の設定アイコンにて変更します。

AIKO SciLingualは、Google翻訳等の無料サービスと何が違いますか?

AIKO SciLingualでは、医療や医薬開発、研究などに特化させた高精度のAI翻訳が使えるだけでなく、保存したフレーズや用語によってカスタマイズされることが可能です。

月当たりの利用量(文字数)の制限はありますか?

ありません。

ウェブサイトのURLを翻訳できますか?

ウェブサイトのURLから翻訳することは出来ませんが、HTMLファイルに保存すると、翻訳できます。

PDF内の画像の文字も翻訳できますか?

できません。PDFファイル内のテキスト部分のみに対応しています。PDFのテキスト化については、「お問い合わせページより」別途ご相談ください。

テキスト形式のPDFファイルは翻訳できますか?

できます。ただし、原文の文章が途中で分割され、適切に翻訳されないことがあります。

翻訳できないフォントはありますか?

翻訳できないフォントがあった場合はサポートに連絡願います。
(現時点で認識している翻訳できないフォント:シンボル(symbol))

ふりがな(ルビ)のある文書(ワード)は翻訳できますか?

できます。ただし、PDFファイルの場合は適切な位置に配置されず、翻訳できない場合があります。

コンテンツコントロール付文書(ワード)は翻訳できますか?

できます。ただし、コンテンツコントロールは削除されます。

相互参照(クロスリンク)のある文書は翻訳できますか?

できます。ただし、相互参照(クロスリンク)は削除されます。

編集ページの吹き出し(ポップアップ)を非表示にすることはできますか?

できます。マイアカウントの設定画面にある「チュートリアルを有効にする」のチェックを外してください。

日本語⇔中国語の場合、日本語⇔英語より時間がかかるような気がします。

中英⇔英日でリレー翻訳*するため時間がかかります。大きいファイルの時はご注意ください。

漢方薬(中医薬)や鍼灸などの内容にも対応可能でしょうか?

現時点では「西洋医学」に特化しており、漢方薬(中医薬)や鍼灸などの分野は精度が十分ではありません。

ドキュメント

マイドキュメントとは何ですか?

自分のみが参照できる翻訳ドキュメントです。AI翻訳をする際にドキュメントページに自動生成されます。

カンパニードキュメントとは何ですか?

カンパニーアカウントで共有される翻訳ドキュメントです。翻訳マネージャーが登録・編集します。

カンパニードキュメントを使うには?

カンパニードキュメントの上部にある「テンプレートを使用します」ボタンをクリックすると、選択したドキュメントがマイドキュメントにコピーされます。

翻訳ドキュメントのフォントサイズは自動で調整しますか?

しません。翻訳ファイルは、原文そのままのフォントを保ったまま、ダウンロードします。ダウンロードファイルを直接、編集ください。

フレーズ集とは何ですか?

文ごとに保存・活用するデータベースです。

フレーズを日英で保存し、その後、英日で翻訳する時には、AI翻訳で適用されますか?

いいえ。フレーズは双方向でなく、一方向での登録となり、AI翻訳では適用されません。

フレーズや用語集のインポートやエクスポートは出来ますか?

翻訳マネージャーのみ可能です。

インポートするときのファイルを作成する際に注意することはありますか?

1行目に言語コードを追加することと(例:英日の場合はA列_en B列_ja)、UTF-8にて保存することです。

インポートする際は、シートが何枚あっても大丈夫ですか?

いいえ、1シートのみに纏めてください。

インポート用のCSVファイルについて、何文字まで一度にインポートできますか?

文字数制限はありませんが、ファイルサイズが48MBまでで、8,000行以内になります。

翻訳の修正時に用語を登録すると、他の翻訳文には反映されるのでしょうか?

翻訳修正ページで修正中にサイドパネルで用語登録したものは、一定時間で同ドキュメントに反映されます。ただし、過去の翻訳ドキュメントには反映されません。

用語集では、大文字・小文字を区別しますか?

はい、します。大文字、小文字が違うと別の用語として登録されます。

用語集で、1つの原語に複数の訳語を登録したいのですが...

カテゴリー機能を利用すると、1つの原語に対し、複数の訳語の登録ができます。

カンパニーアカウントのメンバーにドキュメント、フレーズ、用語を共有するには?

翻訳マネージャーのみ可能です。詳しくはアプリ右端の(?)を参照ください。

カンパニーアカウントの翻訳マネージャーが他ユーザーの用語集やフレーズを集めて、部門共通の用語集やフレーズとして登録することはできますか?

いかなるユーザーも他ユーザーの用語集やフレーズを閲覧することはできません。

カンパニープランで、用語集やフレーズを削除しても、カンパニー設定画面で数字が反映されないのですが?

カンパニー設定画面におけるドキュメント数、フレーズ集、用語集の更新は、1日1回(通常深夜)となっております。カンパニー設定画面の右上に「最終更新時間」が表示されておりますので、そちらをご確認下さい。

辞書とは何ですか?

辞書は、翻訳の修正時に参照するデータです。AI翻訳には反映されません。

翻訳マネージャーであってもジーニアス辞書はオプションで追加する必要がありますか?

ジーニアス辞書は、翻訳マネージャーに標準装備しています。それ以外のユーザーにはオプションで追加できます。

修正・発注

アスカコーポレーションによる翻訳とは?

医薬専門の翻訳会社であるアスカコーポレーションによる翻訳です。大量の文章の翻訳が必要な場合や、医薬品開発や論文等の専門性が高い文章などに最適です。

見積書は発行されますか?

発行されます。依頼に対しアスカコーポレーションのコーディネーターが対応します。流れ:翻訳依頼→見積り作成→合意→作業開始→納品→請求書発行→お支払い

アカウント設定

AIKO SciLingual利用時のIDは、必ずメールアドレスである必要がありますでしょうか?

はい。アカウントの共有はできませんので、個人のメールアドレスでご登録ください。

ユーザーはどのPCからでも使用できますか?

対応ブラウザで、AIKO SciLingualにログインできればご利用できます。

メールアドレスは他のアドレスに変更できますか?

できます。AIKO SciLingual内の「設定」からメールアドレスを変更します。

パスワードを変更するには?

『設定』→『パスワードを変更する』で変更できます。

パスワードを忘れてしまった場合は?

ログイン画面にある「パスワードをお忘れですか?」をクリックし、登録アドレスを入力の上で「新規パスワードを送信する」をクリックします。新しいパスワードがメールにて送信されます。

カンパニープラン

カンパニープランとは何ですか?

カンパニープランとは、複数ユーザーで翻訳データを共有したり、翻訳プロジェクトを管理したりするプランです。詳しくは、メールでお問い合わせください。

登録ユーザー上限を増やすには?

メールでお問い合わせください。

管理ユーザーを途中で変更するには?

「カンパニー設定」から管理ユーザーを変更できます。

管理ユーザーがカンパニーユーザーの管理(追加・削除・役割変更など)を都度行うのでしょうか?

はい、そうです。ユーザーが変更となった場合は、管理ユーザーがユーザーを削除・追加します。「設定」→「カンパニー設定」→「ユーザー」にて対応できます。

英語でメンバー追加の招待メールを送信したいです。

管理ユーザーの言語設定を「英語」に変え、招待メールを送ると、英語の招待メールになります。

最大同時接続者数は何名まで?

契約アカウントのユーザー数が上限になります。(例:スターター3プラン→3名)

利用を開始した場合のお支払い方法を教えて下さい。

請求書払いにて対応させていただきます。年契約となっておりますので、年間費用を初月にご請求となります。

翻訳発注の費用の支払いはどうなりますか?

請求書払いにて対応させていただきます。

カンパニープランの契約期間は?

年間契約のみとなっております。

契約を更新するには?

自動更新となっておりますので、特別なお手続きは必要ありません。

契約を満了したい場合は?

メールでご連絡ください。

利用ユーザーを途中で変更・追加するには?

管理ユーザーのみカンパニー設定からユーザーの追加と削除ができます。「ユーザーを追加する」をクリックしメールアドレスを入力、送信することで追加ができます。

利用を開始後、途中でプランをアップグレードする事はできますか?

期中でのプラン変更が可能でございます。(アップグレードのみ)
その場合は、ご契約のプランと変更後のプランの差額 x 残りの月数 をご請求させていただきます。

月の途中から契約できますか?

できます。当月の金額は日割り計算となります。

トライアルから契約締結までの流れを教えてほしいです。

トライアル終了後、当方より送付する【AIKO SciLingual申込書】にご記入の上、提出ください。最短で提出日の当日よりアカウントが有効になります。その後、請求書を送付しますので、翌月末までにご精算ください。

カンパニーアカウントの登録メールアドレスは、どんなドメインでもいいですか?

はい、いいです。アカウント作成上、メールアドレスのドメインに縛りはありません。

全社員が使えるような契約は可能ですか?

可能です。全社導入(1万ユーザー以上)の事例もあります。メールでご連絡ください。

トライアルについて、期間満了後は自動契約となりますか?

なりません。別途、契約する必要があります。契約しない場合は、アカウントが凍結されます。

トライアル中のアカウントと、契約時のアカウントとの違いは?

ありません。契約後は、トライアル時のアカウントが引き継がれます。

トライアルで蓄積したデータは、契約締結すればそのまま利用できますか?

できます。

セキュリティ

自分の翻訳データが他ユーザーに勝手に共有されたり、流出することはありますか?

ありません。ユーザーごとに別々のデータベースになっているので、参照できるのはご自身のみです。

AIKO SciLingualのセキュリティ対策は?

セキュリティページを参照ください。

利用にあたり、NDA(機密保持契約)を締結することはできますか?

はい、できます。

脆弱性診断はパスしていますか?

はい、しています。詳しくは、セキュリティページを参照ください。

SSOの設定はできますか?

できます。SAML(Security Assertion Markup Language)認証によるシングルサインオンが利用できます。 また、Microsoft ADFSやGoogle G Suiteによる認証も可能です。(有償オプション)

パスワードを強化することはできますか?

できます。パスワードの強制定期変更や、大文字・小文字、数字の組み合わせ、文字数などパスワードルールを設定することができます。(有償オプション)

IPアドレス制限はできますか?

できます。AIKO SciLingualにアクセスするIPアドレスを制限することができます。(有償オプション)

プライベートクラウドやオンプレミスでの導入はできますか?

できます。詳しくは、お問い合わせください。

修正・保存したデータは、他のユーザーに流出することはありますか?

ありません。翻訳データは、各ユーザーで個別に管理されます。

AIKO SciLingualのプライバシーポリシーは?

プライバシーページからご確認ください。

翻訳発注の守秘義務について教えてください。

アスカコーポレーションのセキュリティポリシーに則り、担当者(コーディネーター、翻訳者、チェッカー)は全員、守秘義務契約を結んでいます。

サポート

質問がある場合はどうすればいいでしょうか?

本FAQを参照するか、アプリ内右端のヘルプ(?)を参照ください。
翻訳マネージャー及び管理ユーザーは、メールでお問い合わせください。

デモはしてくれますか?

サポートとしてデモが可能です。翻訳マネージャー及び管理ユーザーは、メールでお問い合わせください。

その他

対応しているブラウザは?

以下のブラウザに対応してます。
Chrome、FireFox、Safari、Internet Explorer 11、Edgeです。

インターフェースの言語は?

日本語、英語の2言語のご用意がございます。

インターフェースの言語を変えるには?

画面左のメニューの「設定」→「マイアカウント」→「設定」から言語を選択できます。(「日本語」「英語」に対応)

APIでの接続は?

可能です。メールでお問い合わせください。(有償)

AIKO SciLingualのサービス利用可能時間は?

24時間365日です。ただし、2~3ヶ月毎に一度、定期メンテナンスのため、1~2時間程度の利用制限があります(日本時間の土日の午前9時に実施)。

AIKO SciLingualのWordPressプラグインを利用したいのですが?

可能です。メールでお問い合わせください。(有償)

スマートフォンでAIKO SciLingualを使うことはできますか?

できません。ご利用のデバイスの画面サイズ:横幅768px以上のものが対象です。

AIKO SciLingualの価格は?

価格プランページを参照ください。



*リレー翻訳:医学・医薬専門の英中翻訳エンジンと、医学・医薬特化型の英翻訳エンジンAIKO SciLingualを
       双方向で接続し、中国語から日本語、日本語から中国語への翻訳を可能にしています。
       中国語の翻訳精度については以下のセミナー報告をご覧ください。


ページの先頭へ