ニュース

  • 2019.11.14
  • ニュース

第29回 JTF翻訳祭2019のご報告

10月24日(木) パシフィコ横浜で開催された第29回 JTF翻訳祭2019において、アスカコーポレーションはブース展示を行い、また営業制作部 小野眞帆と研究開発部 早川威士の両名がセッションで登壇いたしました。ご来場ならびにご聴講いただいた皆様、誠にありがとうございました。

特に「機械翻訳の品質評価を考える」と題したセッションには、200名を超える方々にご参加いただき、サテライトルームをご用意いただくほどの盛況となりました。不慣れなプレゼンテーションでお見苦しい点もあったかと存じますが、聴講された方々の熱気に支えられて発表を終えることができました。

その後、プレゼンテーションに用いたスライドを公開してほしいというご要望を多数いただいております。それにお応えして、オンラインでスライドをご覧いただけるようにいたしました。

主な内容

  • 機械翻訳の性能と課題
  • 機械翻訳は良くなったと言われるが、何がどう良くなったのか?
  • 機械翻訳の品質評価指標
  • 機械翻訳の品質を評価するにはどのような手法があるか?
  • 機械翻訳品質評価指標の使い方
  • 評価の結果をどうシステムの運用に活かせばよいか?
  • プロセス構築についての取り組み
  • 弊社の機械翻訳運用事例を紹介

この発表についてご指摘やご質問、ご要望などありましたら下記お問合せ先までご連絡ください。ご来場くださった皆様、後援団体・スポンサー各位、そしてJTF翻訳祭実行委員会ならびに事務局の皆様に重ねてお礼申し上げます。

<お問い合わせ先>
株式会社アスカコーポレーション
大阪市中央区平野町1-8-13 平野町八千代ビル
担当 : 研究開発部 早川 威士
電話 : 06-6202-6272
FAX : 06-6202-6271
e-mail: takeshi.hayakawa@asca-co.com

ページの先頭へ