知る

  • home
  • Topics
  • 知る
  • 体調が悪いときにどうすればよいか(COVID-19)
  • 2000.01.01
  • 知る

体調が悪いときにどうすればよいか(COVID-19)

CDCウェブサイトの原文はこちらから

COVID-19に感染した場合の対処法

発熱や咳がある場合は、COVID-19感染症の可能性があります。ほとんどの人は軽症で、自宅で回復することができます。COVID-19に感染したと考えられる場合は、医療機関に速やかに連絡してください。

  • 症状を記録しておいてください。
  • 緊急の症状(呼吸困難を含む)がある場合は、直ちに医師の指示を受けてください。

COVID-19に感染した場合、感染拡大を防ぐための手順

次の手順に従ってください。
COVID-19に感染した場合、またはCOVID-19に感染している疑いがある場合は、以下の手順に従い、家族やコミュニティへの感染拡大を防いでください。

受診時以外は自宅待機する

  • 自宅待機する:
    COVID-19の軽症患者は罹患時に自宅で待機し安静にすることが求められます。受診時以外の外出を控えてください。
  • 体調管理に気をつける:
    休養と水分補給を心がけましょう。
  • 公共の場所を避ける:
    職場や学校、公共の場所に出かけないでください。
  • 公共交通機関の利用を避ける:
    公共交通機関や自動車の相乗り(ライドシェア)、タクシーの利用を避けてください。

自宅では家族やペットから離れる

  • 家族との距離を保つ:
    できる限り決まった部屋に滞在し、家族から離れてください。また、可能な場合は、家族とは別のバスルームを使用してください。家の中や外で他の人や動物に近づく必要がある場合は、布製のフェイスマスクを着用してください。
  • ペットとの関わりについての疑問は、「COVID-19と動物」を確認してください。

症状の変化に注意する

  • COVID-19の一般的な症状としては、発熱と咳があります。呼吸困難がある場合より症状は深刻であり、医師の診察を受ける必要があることを意味します。
  • 医療機関や地域の保健所の指示に従ってください。お住まいの地域の保健所から、症状の確認や情報の報告について指示がある場合があります。

医師の診察を受けるタイミング

COVID-19の緊急の症状が出た場合は、直ちに医師の指示を受けてください。緊急の症状には以下のもの*が含まれています。

  • 呼吸困難
  • 持続的な胸の痛みや圧迫感
  • 新たな混乱や喚起力のなさ
  • 唇の青みや顔の青み

*この一覧表はすべてを網羅したものではありません。その他の重篤な症状があったり、気になる場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

(米国の場合)緊急時には911に連絡してください。COVID-19にかかった、またはかかった可能性があると思われることをオペレーターに知らせてください。可能であれば、救急車などが到着する前に、布製のフェイスカバーを着用してください。

かかりつけ医の診察を受ける前に事前に電話する

  • 受診前に電話する:
    受診の予約をする場合は、医療従事者に電話し、COVID-19に感染している旨、または感染しているかもしれない旨を伝えます。これにより、病院の診察室では、病院スタッフや病院内の他の患者がCOVID-19に感染したり曝露したりしないための措置を講じることができます。

感染時にはマスクを着用する

  • COVID-19に感染した場合:
    周りに他の人(部屋や車を共有している人)やペットがいるとき、または診察室での受診前にマスクを必ず着用してください。
  • 感染者の看病をしている場合:
    感染者がマスクを着用できない場合(呼吸困難を引き起こすなどの理由により)、感染者の同居人は、感染者と同じ部屋に滞在しないでください。または、感染者がいる部屋に入る場合は、必ずマスクを着用してください。

咳やくしゃみを覆う

  • 咳やくしゃみを覆う:
    咳やくしゃみをするときは、口と鼻をティッシュで覆ってください。
  • 使用後は捨てる:
    使用済みティッシュを、ポリ袋を被せたゴミ箱に捨ててください。
  • 手を洗う:
    すぐに石鹸と水で20秒以上手を洗ってください。石鹸と水がない場合は、60%以上のアルコールを含むアルコール入りの手指消毒剤で手を洗浄してください。

こまめに手を洗う

  • 手を洗う:
    石鹸と水で20秒以上かけ、こまめに手を洗ってください。特に、鼻をかんだ後、咳をした後、くしゃみをした後、トイレに行った後、食事前や調理前には手を洗ってください。
  • 手指消毒剤:
    石けんと水がない場合は、60%以上のアルコールを含むアルコール手指消毒剤を手の表面全体に使用し、手の表面全体が乾くまで両手を擦り合わせてください。
  • 石鹸と水:
    明らかに手が汚れている場合、石鹸と水を使って手を洗うことが最もよい方法です。
  • 触れないようにする:
    洗っていない手で目、鼻、口に触れないでください。

個人の家庭用品の共有を避ける

  • 共有しない:
    家族やペットと、コップ、食器、タオル、寝具などを共有しないでください。
  • 使用後は十分に洗浄する:
    これらの家庭用品を使用後は石けんと水で十分に洗ってください。

家庭内でよく触る場所を毎日清潔にする

  • 清掃と消毒:
    家庭内でよく触る場所をこまめに清掃しましょう。家庭内でよく触わる場所として、キッチンカウンター、テーブル、ドアノブ、浴室の備品、トイレ、電話、キーボード、タブレット、ベッドサイドテーブルなどがあります。
  • 体液が付着した場所を消毒する:
    また、血液、便、体液が付着している可能性のある場所をすべて洗浄してください。
  • 家庭用クリーナー:
    家庭用洗浄スプレーや紙布巾を使用してください。使用する際はラベルの指示に従ってください。ラベルには、「手袋を着用する」、「使用中は十分な換気を行う」など、製品を使用する際の注意事項を含む、洗浄剤を安全で効果的に使用するための指示が記載されています。

自宅待機の終了

  • 待機終了の指示があるまで自宅待機する:COVID-19ウイルス陽性が確認された患者は、他者への二次感染リスクが低くなったと考えられるまで、自宅待機を行ってください。
  • かかりつけ医に相談する:自宅待機を終了するか否かについては、状況に応じてかかりつけ医や州および地元の保健局と相談しながら行ってください。

脚注

  1. 発熱は本人の自覚症状である場合と自覚症状ではなく体温計などでの測定によって確認される場合があります。
  2. CDCによる「濃厚接触(close contact )」の定義は以下のとおりです。
    a)COVID-19患者の約6フィート(2メートル)以内に長時間滞在すること。COVID-19患者を看病しているとき、患者と同居しているとき、面会しているとき、病院の待合スペースや部屋を患者と共有しているとき、「濃厚接触」が生じる可能性があります。
    b)COVID-19患者の感染性分泌物に直接接触したとき(例:咳をかけられる)
    推奨される個人用防護具(PPE:例、ガウン、手袋、NIOSH認定の使い捨てN95人工呼吸器、眼の保護具)を着用していないときにこのような接触が発生した場合、濃厚接触者として調査対象となります。
  • CDCによる最新の「COVID-19の調査対象者に対する医療感染予防およびコントロールの暫定勧告(Interim Healthcare Infection Prevention and Control Recommendations for 2019 Novel Coronavirus)」をご参照ください。
  • 「濃厚接触」の定義に関するデータは限られています。濃厚接触者を評価する際の考慮事項には、曝露期間(例えば、曝露時間が長いほど曝露リスクが上昇する可能性が高い)やCOVID-19患者の臨床症状(例えば、咳により曝露リスクがより上昇するが、重症患者に曝露するリスクも同様に上昇する)が含まれます。そのため、医療現場で曝露した人には特別な配慮が必要です。

免責事項

このページはCDCウェブサイトに掲載された内容を日本語訳したものです。原コンテンツとの整合性を取ることを目指して作成しておりますが、最新の正確な情報はCDCが提供する原文でご確認ください。

ページの先頭へ