season3

2月の花といえばウメ。バラ科サクラ属のこの植物は、好文木、春告草、風待草、匂草、初名草とも呼ばれます。我が国は古から言い換えが好きだったのですね。言い換えを使うと、教養が高いと評価されたようです。

英語圏でも事情は同じ。aspirinはacetylsalicylate、acetylsalicylic acid、2-acetyloxybenzoic acidなどといわれます。

再び新年が巡ってきました。身近な小さい原子・量子から遠方の大きな系外惑星・恒星まで、サイエンスの進入領域はますます広く深くなり、目を見張るばかりです。本年もどうぞ心弾ませておつきあい下さい。今回は、言い換えの拡大、逆に言えば縮小に焦点を当てたいと思います。これまでのまとめといって良いかもしれません。

今回はちょっと変わった取り組みをしましょう。Science 10月8日号には、Issue Highlights のひとつとして、"Chromosome Segregation Cascade" が掲げられ、染色体分配に関する以下の3本について<Perspective>で論評されました。ライバル 3チームの一斉発表です。

あっという間に半年のご無沙汰になってしまいました。皆様お元気ですか。
今夏の猛暑は半端ではなく、日本は亜熱帯かと思うほどでした。ようやく、読書の秋ですね。

再開は、tropical or subtropical areasの感染症に関する「交差反応する抗体がヒトにおけるデングウイルス感染を増強する」(Cross-Reacting Antibodies Enhance Dengue Virus Infection in Humans Science 7 May 2010: Vol. 328. no. 5979, pp. 745)で始めたいと思います。

桃の花がいっぱいの三月です。幸せモードの中で、前回の問いをみてみましょう。

Life history theory predicts that the costs of migration must be compensated for by benefits to lifetime reproductive success.
の言い換えは、渡り鳥の移動コスト(マイナス効果)をさらに詳しく説明した下記の文であることはすぐおわかりですね。
Life history theory predicts that the potential survival costs of migrating longer distances should be balanced by benefits to lifetime reproductive success.

今回は、血栓形成で大きな役割を果たす血小板が、関節リウマチではどのような役割を果たすかを検討した論文を取りあげました。
Platelets Amplify Inflammation in Arthritis via Collagen-Dependent Microparticle Production (Science 2010 [29 January]: 327; 580) (http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/327/5965/580) 

まずいつものように、
1.単語レベル、簡単なフレーズで同じ意味のものを見つけます。
- autoimmune disease ⊇ rheumatoid arthritis = inflammatory joint disease ⊆ inflammatory disease
- collagen receptor ⊇ glycoprotein VI (GPVI) = an immunoglobulin superfamily member
- platelet microparticles (MPs) = submicrometer vesicles elaborated by activated platelets
- present = detectable
- release = liberate
- production = generation

2. やや複雑なフレーズで同じ意味のものを見つけます。
1) platelet microparticles = intact vesicles (0.2 to 1 μm in diameter) that form by budding from the membranes of activated platelets
2)- Platelets are required for inflammatory arthritis development in vivo.
      - Platelets are involved in arthritis development.
      - Platelets participate in inflammatory responses.
      - Platelet participation in inflammatory arthritis
3)- We found that platelet-depleted mice exhibited a marked reduction in arthritis as assessed by clinical scoring and by histological analysis.
      - Consistent with these findings, depletion of platelets attenuated murine inflammatory arthritis.

動詞を変えたり、名詞化したり、形容詞をつけたり外したり。このあたりはもう問題ないでしょう。

3. さ、ジャンプです。逆転の発想を取り入れます。
1)上記の2-3)では、plateletsを減少させると炎症は軽快した、といっています。言い換えれば、plateletsが多く存在すると炎症を強めることになるのでは? そうです、実際本文では次のように述べてあります。

- Our results provide compelling evidence that platelets play an amplifying role in the pathophysiology of inflammatory arthritis, liberating proinflammatory MPs that represent the most abundant cellular element in SF.

Abstractでは、この役割は次のように表現されています。
- Thus, these findings demonstrate a previously unappreciated role for platelets and their activation-induced microparticles in inflammatory joint diseases.

Titleでは、より強いインパクトを求めて、ずばり、次の表現です。
Platelets Amplify Inflammation in Arthritis via Collagen-Dependent Microparticle Production

ホップ・ステップ・ジャンプと跳べば、かなりのところまで到達できます。さまざまなシーンでジャンプして、新しい世界を覗いてみてくださいね。それでは、「言い換え」シリーズは、ここらでハーフタイムをいただきたいと思います。
 

寒があけ、春はすぐ隣まで来たようです。小鳥のさえずりが、と耳をそばだてる前に前回の問の答をみてみましょう。

1. These results provide direct evidence for spinal inhibition as one mechanism of placebo analgesia.
の言い換えは、この文のエッセンスを抽出したタイトルに他なりません。
Direct evidence for spinal cord involvement in placebo analgesia

2. Placebo analgesia is a prime example of the impact that psychological factors have on pain perception.
については、名詞を動詞と副詞に換えて表現した下記の文です。この言い換えパターンは皆さんも既によく使っていませんか?
Placebo analgesia is a prime example of how psychological factors can influence pain perception.

小鳥といえば、今回は、渡り鳥が北(高緯度)へ飛ぶほど、捕食リスクが低くなることを明らかにした論文をみてみましょう。「---であればあるほど、---である」、「---すればするほど、---である」の表現はどの分野にも共通です。
Lower Predation Risk for Migratory Birds at High LatitudesScience 2010 [Jan 15]: 327; 326)
http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/327/5963/326

1. 単語レベル、簡単なフレーズで同じ意味のものを見つけます
balance = compensate for
farther north   at high latitudes
migrate farther north = migrate longer distances

Costs of migration = negative effects   metabolic and energetic requirements of flight, high mortality risk, exposure to extreme weather events.

2. 少し複雑なフレーズで同じ意味を見つけます
1) Reduced predation at higher-latitude sites has yet to be quantified.
2) Lower Predation Risk for Migratory Birds at High Latitudes
3) We measured ... and found that nest predation risk declined more than twofold along the latitudinal gradient.
緯度が高くなれば(高くなるほど)、捕食リスクは低くなる。ここまでは簡単に到達可能ですね。

3.ホップ・ステップと来たら、次は、ジャンプです。
A) 上記の関係はどう呼ぶか。さあ、飛躍してください。賢明な皆さんは、「逆相関」と答えるでしょう? その通りです。全く別の視点を加えると良いのです。

1) We would expect a negative relationship between nest predation risk and latitude in arctic ground-nesting shorebirds.
2) As predicted, nest predation risk was negatively correlated with latitude.

ここでも前述したように、1)の名詞が 2) では動詞と副詞に変換してありますね。言うまでもないことですが、緯度が高くなれば ---も高くなる、と言うような関係があれば、そう、「相関」すると言います。

B) 複雑なフレーズ
の場合、三段論法的な展開も可能です。

1) These results provide evidence that the costs of migrating farther north could be compensated for by decreases in predation risk at higher latitudes.

北へ遠く飛ぶ労力をかけて(マイナス効果)も、高緯度での捕食リスクの低下(プラス効果)で相殺される、ことが明らかになりました。

2) These results provide evidence that birds migrating farther north may acquire reproductive benefits in the form of lower nest predation risk.
従って、北へ飛ぶほど巣における捕食リスクが低くなり、繁殖(成功)の恩恵が得られる、ことが明らかになりました。

それでは次の文は、どのように言い換えてあるでしょうか。
Life history theory predicts that the costs of migration must be compensated for by benefits to lifetime reproductive success.

それでは次回もどうぞお楽しみに。

新年おめでとうございます。国内外が大きな波を被って、2010年を迎えました。私達は、どんな船に乗り合わしているのでしょう。少しずつ大海原を進んでいくのは、これまでと変わりませんが。本年もどうぞよろしくお付き合い下さい。

それでは、前回の問に答えることから、始めましょう。
We used high-resolution mass spectrometry to identify 3600 lysine acetylation sites on 1750 proteins and quantified acetylation changes in response to the deacetylase inhibitors suberoylanilide hydroxamic acid and MS-275. の言い換えは次の通りです。

We describe a streamlined methodology for the proteome-wide identification and quantitation of acetylation sites and provide an in-depth view of the in vivo acetylome.
We identified 3600 acetylation sites and implicated acetylation in the regulation of a diverse set of cellular functions.

今回はプラセボ効果を実証した研究に着目しました。Brevia(短報)なので、全文難なく読んでいただけると思います。
Direct Evidence for Spinal Cord Involvement in Placebo Analgesia
(Science 2009[Oct 16]: 326; 404) http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/326/5951/404

例によって、単語レベルから見てみましょう。

1.    単語レベルで同じ意味のものを見つける
placebo analgesia = decreased pain response under placebo 
pain processing = nociceptive processing ≈ noticeptive responses
Spinal cord involvement ⊇ spinal inhibition

因みにMedline Plus Medical Dictionaryには、以下の記載があります。

analgesia: [a-nəl-'jē-zh(ē-)ə]
1. insensibility to pain without loss of consciousness
nociceptive: [nō-si-'sep-tiv]
1. of a stimulus: painful , injurious
2. of, induced by, or responding to a nociceptive stimulus

2. 具象化する
We used functional magnetic resonance imaging of the human spinal cord to test the hypothesis that placebo analgesia results in a reduction of nociceptive processing in the spinal cord.

このhypothesisの中身(that 構文の中の下線部)を単純に言い換えると、
"spinal cord nociceptive processing is reduced under placebo analgesia" ですが、noticeptive processing を具体的に(実験で用いる指標や方法などに関連づけて)説明すると、以下のような表記となります。

We combined high-resolution functional magnetic resonance imaging --- to test the hypothesis that spinal cord blood oxygen level-dependent (BOLD) responses related to painful heat stimulation are reduced under placebo analgesia.

さらに、次のような表記へ展開されています。
We next tested whether the observed BOLD response in the ipsilateral dorsal horn (at the peak voxel of the main effect) would be decreased under the placebo condition.   

前後しますが、以下のような言い換え表記は改めて取り上げなくてもいいですね。
--- there is no direct evidence that nociceptive responses in the spinal cord are reduced under placebo analgesia.

この論文では、さまざまな微妙な言い換えが駆使されているので、感嘆します。
では、次の文はどのような言い換えになっているでしょうか。
1. These results provide direct evidence for spinal inhibition as one mechanism of placebo analgesia.
2. Placebo analgesia is a prime example of the impact that psychological factors have on pain perception.

それではまた次回。

第3回:名詞句をほどいて、予測する

もうすぐ「立冬」です。学習ははかどっていますか。前回の問いに答えることから始めましょう。
Endoplasmic reticulum (ER) stress induces hepcidin expression and causes hypoferremia and spleen iron sequestration.
は、Discussionの中で以下のような名詞句に変換されています。
Under conditions of (severe) ER stress, hepcidin activation and iron withdrawn from the bloodstream may facilitate a general defense mechanism and an innate immune response.
そしてというか、他でもなく、Titleそのものに述べられています。
ER Stress Controls Iron Metabolism Through Induction of Hepcidin
<and>にはthrough のニュアンスもあるのですね。但し前後関係をしっかりつかみましょう。

今回は、Science 2009 [Aug 14]; 325: 834 に着目します。遺伝子発現の制御に関わるタンパク質翻訳後修飾、中でも近年盛んに研究されているリジンのアセチル化、についての文献です。アセチル化とは、リジン側鎖のアミノ基(-NH2)のHがアセチル基(-COCH3)に置換され、つまり中和されて、アミド基(-NHCO CH3)になることです。当然、リジンを含むタンパク質の機能が変化すると考えられます。
Lysine Acetylation Targets Protein Complexes and Co-Regulates Major Cellular Functions (http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/325/5942/834)

例によって、単語レベルから始めましょう。
1.    単語レベルで同じ意味のものを見つけます
- lysine acetylation acetylation on histones=modification of histone by histone acetyltransferase (HAT) posttranslational modification modification of histone by histone deacetylase (HDAC) = histone deacetylation  (ちょっとややこしいですが…ご容赦のほどを)
- acetylated lysine = modified lysine
- acetylome = acetylated proteins lysine-acetylated proteins/peptides
- diverse cellular processes chromatin remodeling, cell cycle, splicing, nuclear transport, actin nucleation
( は、左側の概念が右側の概念に含まれ、 は右が左に含まれることを表します)

2.    名詞句をほどいてみましょう
Abstract の中の Background 情報の一文をとりあげます。
Technological limitations have so far prevented a global analysis of lysine acetylation's cellular roles. (基本文型3の【S+V+O】です。[英医論作p.4])
SOを妨げた   Stechnological limitationsによって、Oa global analysis of lysine acetylation's cellular rolesが妨げられた、と和訳したい箇所です。単純に言い換えれば、
- By technological limitations, a global analysis of lysine acetylation's cellular roles was prevented.

この名詞句が気がかりです。どう言い換えられているのか。特に "cellular roles of lysine acetylation" とはどういうことでしょうか。involvements of lysine acetylation in cellular processes、あるいは effects or changes in lysine-acetylated protein か。とりあえず、ほどいてみましょう。ここには analysis という「動詞」が含まれています。analysis が prevent されたということは、analysis が不可能であった、 analyze されなかったことですね。つまり、
Because of technological limitations, cellular roles of lysine acetylation have not so far been analyzed globally.

3.    結果を予測する
ここで、思考を一歩進めます。これが今までの状態なら、今回の研究では、何らかの技術の進歩によって global analysis が可能になるのだろうと推測するのです。そのような言葉を予想して読んでいくと、Introduction にありました!
We reasoned that high-resolution high-accuracy MS, when coupled to an efficient quantitation strategy, should enable a global view of the "lysine acetylome" and its changes upon KDAC inhibition.

"global analysis" が global view、そして "cellular roles of lysine acetylation"が lysine acetylome and its changes ではありませんか。さらに、実験の結果、次のようになったと、Discussion に述べてあります。
The application of quantitative proteomics enabled us to assess the effects of perturbing the acetylation network in a global and unbiased manner.

"analyze globally" は assess in a global(and unbiased)manner、"cellular role of lysine acetylation" に関わる事象は the effects of perturbing the acetylation network です。ぼんやりしていた影に明るい光があたった感じがしませんか。

それでは、
We used high-resolution mass spectrometry to identify 3600 lysine acetylation sites on 1750 proteins and quantified acetylation changes in response to the deacetylase inhibitors suberoylanilide hydroxamic acid and MS-275. の下線部はどのように言い換えてあるでしょうか。
また来月お会いしましょう。

秋が日増しに深まって来ました。言い換え遊びも少しずつ深みに入って行きましょう。今回は、前回の問いに答えることから始めます。

Anxiolytic agents retain the rapid anxiolytic potential of benzodiazepines but lack their unfavorable side-effects. の言い換えはIntroduction相当の箇所にあります
Translocator protein ligands are (promising candidates for) fast-acting anxiolytic drugs with less severe side-effects than benzodiazepines.                                      
 
うーん、なるほど、と納得しますね。He swims well. He is a good swimmer. He is good at swimming.を思い出すではありませんか。中学時代の英語の基礎に乾杯!
 
では次に、Science 2009 [Aug 14]; 325: 877 を見てみましょう。鉄代謝に関与し、抗菌活性も有するペプチドホルモン「ヘプシジン」についての論文です。
ER Stress Controls Iron Metabolism Through Induction of Hepcidin (http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/325/5942/877)
 
1.      最初に単語レベルで同じ意味のものを見つけましょう。
1) hepcidin = a peptide hormone = iron-regulatory hormone = iron hormone
2) hepcidin expression = hepcidin induction=hepcidin production = hepcidin secretion
hepcidin activation* hepcidin regulation       (*は、便宜上ここにおきます)
 
1.      次の文を伝言ゲームのように少しずつ変えてみましょう。
1) Inflammation and iron are known extracellular stimuli for hepcidin expression. 
まず意味を変えずに、主語を換えます。次いで、少しずつ加えたり省いたりして一部を変えて行きます。
2) Hepcidin is expressed by known extracellular stimuli, inflammation and iron.
3) Hepcidine is expressed in response to stimuli of inflammation and iron.
4) Hepcidine is secreted by the liver in response to inflammation and iron.
5) Hepcidine is produced by the hepatocytes in response to iron and inflammation.
6) Hepcidine, a peptide produced by the hepatocyte in response to iron and inflammation.
 
Abstractの一文から、本文冒頭(Introduction相当)の文の一部にやっと到達しました。
もう少し情報を加えると、以下のようになります。1) はAbstract, 2)はTextの文です。
 
1)     Hepcidin is a peptide hormone that is secreted by the liver and controls body iron homeostasis. --- Inflammation and iron are known extracellular stimuli for hepcidin expression. 
2)     The iron-regulatory hormone hepcidin, a (defensin-like) peptide produced by the hepatocytes in response to iron and inflammation, is a central humoral mediator of innate immunity and host defense.
 
では、Abstract中のEndoplasmic reticulum (ER) stress induces hepcidin expression and causes hypoferremia and spleen iron sequestration.はどのように言い換えられているでしょうか。Sentenceだけでなくphraseも含めて見つけてくださいね。ではまた来月お会いしましょう。

「一つの英語論文で同一表現は使わない方がいい」のはよくご存じでしょう。Abstract, Introduction, Discussionでは、同じ内容が繰り返し述べられますが、表現は少しずつ変わっています。そのあたりをまず探っていきたいと思います。言い換えに焦点を合わせると、意外に理解しやすくなります。加えて、英語を読むのも書くのも楽になります。どんどん読んで、どんどん書きましょう。それではまず、現代人に広がる不安症の新薬候補が扱われているScience 2009 [July 24]; 325: 490、Translocator Protein (18kD) as Target for Anxiolytics Without Benzodiazepine-Like Side Effects

 
1. 最初に単語レベルで同じ意味のものを見つけましょう。
antianxiety agents = anxiolytic agents = anxiolytics translocator protein ligands, such as XBD173     は、左側の概念・言葉に右側の概念・言葉が含まれることを示します。)
anxiolytic effect = anxiolytic efficacy = anxiolytic potential
more favorable side effects = less severe side effects
 
2. 次の文から、関係代名詞thatandと言い換えできるのがわかりますね。
1) Anxiety disorders are highly prevalent disabling disorders that frequently turn into chronic clinical conditions.
2) Anxiety disorders are highly prevalent disabling disorders and frequently turn into chronic clinical conditions.
これが実感できれば、しめたもの。始めから後戻りせずスムーズに読んで理解できますよ。
 
3. さらに、withandで言い換えできます。
1) XBD173 exerts rapid anxiolytic and antipanic effects with a more favorable side-effect profile than that of benzodiazepines.
2) XBD173 exerts rapid anxiolytic and antipanic effects and has a more favorable side-effect profile than that of benzodiazepines.
 
上記を踏まえて、Abstractの次の一文はどのような言葉に言い換えられているでしょうか。
Anxiolytic agents retain the rapid anxiolytic potential of benzodiazepines but lack their unfavorable side-effects. 
 
答えは次回にお届けしますからお楽しみに。こんな具合に表現は変えることが可能です。自身の英語を磨く意味でもどんどん言い換えてください。来月またお会いしましょう!