season1

今回でふーちゃんの翻訳教室は最後となります。短い期間でしたがありがとうございました。4月より新しい翻訳教室がスタート致します。是非ともお楽しみに!

 

▼サイエンスクイズ

1. Quiz 括弧の中にone word を入れてください。

1. We demonstrate that netrins stimulate proliferation, migration, and tube formation of human endothelial cells in vitro and that this (        ) is independent of known netrin receptors.

2. Suppression of netrin1a messenger RNA in zebrafish inhibits vascular sprouting, implying a (        ) role for netrins during vertebrate development. We also show that netrins accelerate (        ) in an in vivo model of ischemia and that they reverse neuropathy and vasculopathy in a diabetic murine
model
.

3. 2を簡潔にまとめると、Netrins promote (        ) and (        ) angiogenesis.

<回答>

1.  stimulation
2. 2a  proangiogenic  2b neovascularization
3.  3a. developmental または Netrins promote developmental    
    3b. therapeutic
      または  therapeutic angiogenesis

2. Quiz 括弧の中にone word を入れてください。

Netrins Promote Developmental and Therapeutic Angiogenesis
Brent D. et al. ( Science 4 August 2006; pp. 640 - 644
)

Axonal guidance and vascular patterning share several guidance cues, including proteins in the netrin family. We demonstrate that netrins stimulate proliferation, migration, and tube formation of human endothelial cells in vitro and that this stimulation is independent of known netrin receptors. Suppression of netrin1a messenger RNA in zebrafish inhibits vascular sprouting, implying a proangiogenic role for netrins during vertebrate development. We also show that netrins accelerate neovascularization in an in vivo model of ischemia and that they reverse neuropathy and vasculopathy in a diabetic murine model. We propose that the attractive vascular and neural guidance functions of netrins offer a unique therapeutic potential.


1. Aminoglycoside and fluoroquinolone antibiotics, as well as mitomycin C, a DNA-damaging agent, induced transformation in Streptococcus pneumoniae. This (        ) required an intact competence regulatory cascade.

2. In response to antibiotic stress, S. pneumoniae, which lacks an SOS-like system, exhibited genetic transformation. The design of antibiotherapy should take into consideration this (        ) of a major human pathogen to increase its rate of genetic exchange in response to antibiotics

3. 下線部を簡潔に言い換えると、genetic (         ) of a major human pathogen.

<回答>

1. induction           
2. potential
3. transformability


12回にわたってお送りしたふーちゃんの翻訳教室はいかがでしたか?少しはみなさんのお役にたてましたか?新翻訳教室もどうぞお楽しみに!

11月17日のサイエンス誌に「For Better or Worse, Money Encourages Self-Sufficiency」という記事が掲載されていました。お金には人を自立させる力があるという事を考えると、そうなのかもしれないなぁと思う記事でした。興味を持った方はサイエンスのウェブページでも紹介していますよ。
さて、今月も「ちょっと変わった」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はコチラへ。

 

▼今月のフレーズ

1.   expose to

To address this issue directly, we exposed cohorts of CWD-naive deer to saliva, blood, or urine and feces from CWD-positive deer. (Science 6 OCTOBER 2006: 133)

この問題に直接取り組むため、われわれはCWD非感染シカのコホートをCWD陽性のシカの唾液、血液または尿・糞便曝露させた

<解説>

“expose O1 to O2” はO2にO1をさらす、ふれさせること。これは、皆さんよくご存じですね。
この名詞形は、exposure曝露。広辞苑には、曝露はさらされること、むき出しにすること、と書かれています。放射線曝露、日光曝露などはすんなり受け入れられますが、薬剤曝露は、うーんと唸って、しかし他の簡潔な言葉が浮かんできません。そもそも“exposure”は、Medline PlusMedical Dictionaryでどう説明されているのでしょうか。

1 : the fact or condition of being exposed as a : the condition of being unprotected especially from severe weather <the hiker died of exposure after becoming lost in the snowstorm>
b : the condition of being subject to some detrimental effect or harmful condition <repeated exposure to bronchial irritants> <risk exposure to the flu> <benign skin discolorations caused by sun exposure>

悪条件に付されることが主だったようですが、次第に、条件の良し悪しを訪わず、何らかの影響を受ける場合に使われてきたようです。Merriam Webster On-line Dictionary には、次のような例文がでています。

c : the condition of being subject to some effect or influence <risk exposure to the flu>
d : the condition of being at risk of financial loss <minimizes your exposure to market     fluctuations>; also : an amount at risk

SCIENCE (20 OCTOBER 2006: 435 )Exposure to Scientific Theories Affects Women’s Math Performance という論文が載っています。「科学理論に曝露」という言葉は、どうしても受け入れがたいところです。悩みはつきません。

2.  the function is abolished/ mutation abolishes function

The function of cyclin-dependent kinases 2 ((CDK2) is often abolished after DNA damage. (Science 13 OCTOBER 2006: 294)
サイクリン依存性キナーゼ2(cyclin-dependent kinase 2:CDK2)は、しばしばDNA損傷後には機能しなくなる

A somatic mutation in the chaperone gene Cosmc abolished function of a glycosyltransferase, --- (Science 13 OCTOBER 2006; 304)
体細胞のシャペロン遺伝子Cosmc一変異によって、糖転移酵素の機能が失われた

<解説>

論文中に“abolish”という言葉を見かけることはあまりありません。ちょっと奇異に感じて調べてみました。”SCIENCE” 誌のoriginal researchに限ると、これまでの126年間に2件しか現れていません。2000年と2004年です。しかし2006年10月13日号では、2件に出現し、頻度が上がりました。使用される言葉も時代と共に変化しますね。やがて、functional loss に代わって、functional abolitionもOKされるかもしれません。因みにMerriam Webster On-Line Dictionaryで“abolish は次のように説明されています。

1 : to end the observance or effect of : ANNUL <abolish a law> <abolish slavery>
2 : DESTROY

3.  permanent reservoir

Chromosomal integration enables human immunodeficiency virus (HIV) to establish a permanent reservoir that can be therapeutically suppressed but not eradicated.Science 20 OCTOBER 2006; 461

HIVは、ウイルスゲノムを宿主の染色体へインテグレーションする(組み込む)ことによって、治療で抑制されるが根絶はされない恒久的生存系を確立する

<解説>

Medline Plus Medical Dictionaryでは“reservoir”は、次のように説明されています。

1 : a space (as an enlargement of a vessel or the cavity of a glandular acinus) in which a body fluid is stored
2 :
an organism in which a parasite that is pathogenic for some other species lives and multiplies without damaging its host; also : a noneconomic organism within which a pathogen of economic or medical importance flourishes without regard to its pathogenicity for the reservoir <rats are reservoirs of plague> -- compare CARRIER 1a

2から、reservoir host (宿主)という言葉が浮かんできますが、論文アブストラクト中のthat以下を訳すと、「治療で抑制され、根絶はされない」ですから、この主語は宿主ではないですね。ここは、ウイルス自体にかかわるものでしょう。つまり、治療で抑制され、根絶はされない恒久的な生存状態(生存系)。これでどうでしょうか。

4.  to direct axonal targeting

Odorant Receptor?Derived cAMP Signals Direct Axonal Targeting
In mammals, odorant receptors (ORs) direct the axons of olfactory sensory neurons (OSNs) toward targets in the olfactory bulb.(Science 27 OCTOBER 2006; 657)


嗅覚受容体を介して生成されるcAMPシグナルが嗅覚神経の軸索投射を指令する
哺乳類では、嗅覚受容体が嗅神経細胞の軸索を嗅球内の特定の投射部位に誘導している(と考えられてきた)。

<解説>

嗅神経のaxonal targetingとは、軸索が嗅球上の特定の位置に収斂し、糸球体構造を形成して、神経接続を行うことで、軸索投射と言うようです。実際、この後の文では、the OR-instructed axonal projectionと言い換えてありました。また、axon guidanceという表現もありました。direct --- towardはinstruct、guide と言い換えられるのですね。このように一つの事象をいろいろと言い換えてあると、理解が深まり、英訳に使いたくなります。


今月の翻訳教室はいかがでしたか?
来月もお楽しみに!

ふーちゃんこと田村房子です。Science誌でもPodcastをしているのをご存知ですか?耳で楽しむScienceも楽しいですよ。
さて、今月も「ちょっと変わった」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はコチラへ。

 

▼今月のフレーズ

1.  “eat me” signals

Parasites simultaneously inhibit the exposure of phosphatidylserine on the outer leaflet of host plasma membranes, which act as "eat me" signals to phagocytes.
(
SCIENCE 1 SEPTEMBER 2006; 1287)
寄生虫は同時に、ホスファチジルセリンを宿主の細胞膜の外側に露出させ、食細胞へ「貪食」の信号を送るのを阻害する。

<解説>

“eat me” とは、「私を食べて」ということ。このような俗世間の言葉が論文の要旨に書かれていたのには驚きました。楽しくなりますね。このまま、お伝えしたかったのですが...。ま、貪食ぐらいで抑えておきましょう。

2.  topographically mapped

In the mouse trigeminal pathway, sensory inputs from distinct facial structures, such as whiskers or lower jaw and lip, are topographically mapped onto the somatosensory cortex through relay stations in the thalamus and hindbrain.
(SCIENCE 8 SEPTEMBER 2006; 1408)


マウスでは、ヒゲや下顎、口唇など各顔面構造体からの三叉神経経路への感覚入力は、視床および後脳での中継点を経て、体性感覚野に秩序だってマッピングされる

<解説>

“topography”とは、地形(図)、地勢(図)、などといわれていますが、Medline PlusのMedicalDictionaryには、次のように述べてあります。

1 the physical or natural features of an object or entity and their structural relationships <the topography of the abdomen> <the topography (size and fluorescent staining intensity) of human chromosomes -- Science News>
2 : REGIONAL ANATOMY

しかしこれを形容詞・副詞として解釈するには、どう訳したらいいのでしょう。局所解剖学的に一定の場所にきちんとマッピングされるということですから、組織分布的に、いや秩序だって、あるいは整然と、というぐらいでよいのではないでしょうか。

3.  constitutive toxic protein aggregation

The downstream transcription factors, heat shock factor 1, and DAF-16 regulate opposing disaggregation and aggregation activities to promote cellular survival in response to constitutive toxic protein aggregation.
(SCIENCE 15 SEPTEMBER 2006; 1604)

IISの下流の転写因子である熱ショック因子1(heat shock factor 1)とDAF-1は、恒常的に起こる有害な蛋白質凝集に反応して、分解と凝集との拮抗する活性を調節することで、細胞の生存を促進する。

<解説>

“constitutive” というのは、MedlineのMedical Dictionaryでは次のように説明してあります。

1 a : of, relating to, or being an enzyme or protein produced in relatively constant amounts in all cells of an organism without regard to cell environmental conditions (as the concentration of a substrate) -- compare INDUCIBLE a b : controlling production of or coding genetic information for a constitutive enzyme or protein <constitutive genes> <constitutive mutations>
2 : being chromatin of a chromosomal region that is condensed into heterochromatin in all cells of an organism rather than just some

一方、“inducible” は、
: capable of being formed, activated, or expressed in response to a stimulus especially of a molecular kind: as a : formed by a cell in response to the presence of its substrate <inducible enzymes> -- compare CONSTITUTIVE 1a b : activated or undergoing expression only in the presence of a particular molecule

つまり、前者は細胞の環境とは関わりなく、ほとんど一定量、恒常的に生成される酵素や蛋白質について言及する場合に使い、後者は刺激物質が存在して初めて形成・発現される場合、活性化される場合に使うのですね。

4.  cerebral amyloidogenesis

Exogenous Induction of Cerebral Amyloidogenesis Is Governed by Agent and Host
(SCIENCE 22 SEPTEMBER 2006; 1781)

脳内βアミロイド生成の外来性誘導は誘導因子と宿主の影響をうける

<解説>

“amyloidogenesis”という言葉は、ほとんどのmedical dictionaryにまだ載っていません。しかし、”carcinogenesis”がthe production of cancerであることはよくご存じでしょう。”oncogenesis”は、the induction or formation of tumors。”pathogenesis”は、the origination and development of a disease (全てMedline PlusのMedical Dictionary収載)。つまり“-genesis” は、起源,発生,生成,進化を表しているのですね。そうであるなら、amyloidogenesisはthe deposition, production or formation of amyloidでしょう。”amyloidosis”と、どう違うのか。MedlinePlusのMedical Dictionaryでは、“amyloidosis”は次のように説明してあります。

:a disorder characterized by the deposition of amyloid in organs or tissues of the animal body
病名なのですね。

Scienceに“amyloidogenesis”が初登場したのは、1997年。その後、年に1回程度、計5回ほど論文に登場しています。

5.  connectivity map

The Connectivity Map: Using Gene-Expression Signatures to Connect Small Molecules, Genes, and DiseaseWe demonstrate that this “Connectivity Map” resource can be used to find connections among small molecules sharing a mechanism of action, chemicals and physiological processes, and diseases and drugs.
(29 SEPTEMBER 2006; 1929)

相関表示マップ:遺伝子発現サインを用いて、低分子、遺伝子、疾患をつなぐ
この「相関表示マップ」資料は、同じ作用機序を持つ低分子や化合物と生理的プロセスとの関連、疾患と薬物間での関連を見つけるのに有用である(ことを示す)。

<解説>

“connectivity” もmedical dictionaryには収載されておらず、Merriam Webster On-Line Dictionaryで次のように説明されています。

: the quality, state, or capability of being connective or connected <connectivity of a surface>; especially : the ability to connect to or communicate with another computer or computer system

いやいや、本文中にちゃんと説明してありました。
We will refer to this resource as a “Connectivity Map” because of its potential to reveal “connections” among drugs, genes, and diseases.

それで、相関表示マップと名付けたわけです。もっと良い表現があればご一報ください。

今月の翻訳教室はいかがでしたか?

来月もお楽しみに!

ふーちゃんこと田村房子です。気がつけば秋はすぐそこまでやってきていますね。秋といえば、食欲の秋、読書の秋、なんといっても勉学の秋です!
さて、今月も「覚えてほしい」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はへ。

 

▼今月のフレーズ

1. angiogenesis とneovascularization

Netrins Promote Developmental and Therapeutic Angiogenesis
We also show that netrins accelerate neovascularization in an in vivo model of ischemia. (SCIENCE 4 August 2006; 640)

ネトリンは発生的、治療的に血管新生を促進する。
また、ネトリンはin vivoの虚血モデルで血管新生を促進することも明らかにした。

注)ネトリン:神経の軸索伸長を誘導する蛋白質

<解説>

日本語ではともに血管新生と言う言葉で表現できますが、両者の使い方は同じなのでしょうか。Medline PlusのMedical Dictionaryには、次のように説明してあります。

angiogenesis:the formation and differentiation of blood vessels

neovascularization:vascularization especially in abnormal quantity (as in some conditions of the retina) or in abnormal tissue (as a tumor)

つまり、前者は組織既存の血管からの血管形成であり(正常)、後者は特に腫瘍など異常な組織からの血管形成(異常)を指すと解すればいいですね。確かにそのように使ってあります。

ついでに、
vascularizationは、the process of becoming vascular; also : abnormal or excessive formation of blood vessels (as in the retina or on the cornea)であり、胎児発生に見られる血管幹細胞・前駆細胞からの血管発生はvasculogenesis というようです。

2. putative proteins that mediate viral virulence differences

Phylogenetic clustering inferred three clades coincident with their geographical origin and case-fatality rate; the latter implicated putative proteins that mediate viral virulence differences. (SCIENCE 11 AUGUST 2006; 807)

ゲノム塩基配列の系統学的なクラスター形成からは、その地理的起源および症例致死率と一致する3つの分岐群が存在することが推測された。致死率は、ウイルスの病原性の違いを調節すると推定される複数の蛋白質と関わっていた。

<解説>

“putative”は、Merriam Webster OnLine Dictionaryには次のように述べてあります。

1 : commonly accepted or supposed
2 : assumed to exist or to have existed

確実ではないが、たぶんそうであろうとされているものにつけてみたい形容詞ですね。
この10年間に、SCIENCE掲載論文のタイトルかアブストラクトだけでもよく(136件)使われて
います。

例えば

SLC24A5, a Putative Cation Exchanger, Affects Pigmentation in Zebrafish and Humans(SCIENCE 16 December 2005: 1782

SCNM1, a Putative RNA Splicing Factor That Modifies Disease Severity in Mice (SCIENCE 15 August 2003: 967)

Bt Toxin Resistance from Loss of a Putative Carbohydrate-Modifying Enzyme (SCIENCE 3 August 2001: 860)

3. to antagonize tumor cell growth

This finding suggests that cellular changes that lead to longevity preferentially antagonize tumor cell growth. (SCIENCE 18 AUGUST 2006; 971)

これは、長寿化をきたす細胞変化が優先的に腫瘍細胞増殖を抑制することを示している。

<解説>

“antagonize” はMedline Plus Medical Dictionaryでは次にように説明されています。
: to act in antagonism to : COUNTERACT

“counteract” の説明をみてみると、

to make ineffective or restrain or neutralize the usually ill effects of by an opposite force <vitamin K counteracts the effects of warfarin>

antagonizeは、拮抗(相対抗して互いに屈しない)作用的に働く以外に、反作用的に働いて抑える意味なのですね。実際、この論文のタイトルは、上記の結論を言い換えているだけでした。すなわち、Mutations That Increase the Life Span of C. elegans Inhibit Tumor Growth

4. with minimal penetration of mucosal surfaces

The mammalian intestine harbors complex societies of beneficial bacteria that are maintained in the lumen with minimal penetration of mucosal surfaces. (SCIENCE 25 AUGUST 2006; 1126)

哺乳動物の小腸内には有益バクテリアの複雑な社会が複数形成されていて、粘膜表面へ出来る限り侵入しないように小腸内で維持されている。

<解説>

“minimal” はご存じのように最小(限)の、という意味で、Medline PlusのMedical Dictionaryにも、次のように説明されています。

: relating to or being a minimum
: constituting the least possible with respect to size, number, degree, or certain stated conditions

minimal penetration of mucosal surfacesはminimally penetrated mucosal surfaces というわけで
す。最小限に侵入されているということは、逆に見れば、最大限に侵入されていないことになります
ね。

ところでminimal と名詞の間に形容詞が入るとminimalは副詞になるのでしょうか。それとも形容詞のままなのか。つまり、minimally invasive surgery かminimal invasive surgeryか。
これは、Google検索では前者が1,580,000件、後者が65,500件、Google Scholarでも前者が14,500件、後者が1,790件で、圧倒的に前者の勝ち。しかし、minimally inhibitory concentrationかminimal inhibitory concentrationかの勝負では、Google検索で前者が18件、後者が128,000件、と後者のKO勝ち。どのように理解したらよいのでしょう。ただ慣習に従うのみ?
?

今月の翻訳教室はいかがでしたか? 今月も8月に掲載されたScience誌を題材にして解説しています。 次回でとうとう翻訳教室も10回目。10回目には秋期テストなんて案も考えています。

ふーちゃんこと田村房子です。残暑がかなり厳しいですが、体調など崩されている方も多いかもしれませんね。みなさん、夏ばてしないようにお気をつけください!
さて、今月も「覚えてほしい」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はこちらへ

▼今月のフレーズ

1. validated surrogate marker

PrPSc, the main component of the infectious agent, is also the only validated surrogate marker for the disease, and its sensitive detection is critical for minimizing the spread of the disease.(SCIENCE 7 JUNE 2006; 92))

感染性物質の主成分であるPrPScは、この疾患の唯一の代替マーカーとして、有効性が既に検証されており、その検出感度は、本疾患の蔓延を最小限にとどめる上で極めて重要である。

<解説>

validated は単に有効なとか、有効性が広く認められているという意味ではなく、validation(バリデーション)すなわちdetermination of the degree of validity of a measuring device (Merrian-Webster Online Dictionaryから)のstudyで有効性が検証されている、という意味です。

医薬品製造の場では、バリデーションは、もっと広義で使われています。GMP(Good Manufacturing Practice、万一の過誤・汚染を防ぐための製造設備基準)に準じて定めた製造システムが、品質管理法のもとで所期の目的どおり機能しているかどうかをシステマティックに検証し文書化するプロセス、をさします。

2. selective silencing /to selectively silence

Selective Silencing of Foreign DNA with Low GC Content by the H-NS Protein in Salmonella     --- We found that the histone-like nucleoid structuring protein (H-NS) selectively silences horizontally acquired genes by targeting sequences with GC content lower than the resident genome. (SCIENCE 14 JUNE 2006; 236)

サルモネラ菌のH-NS蛋白によるGC含量の少ない外来DNAの選択的抑制                                   --- 今回われわれは、ヒストン様の核様体構成蛋白(histon-like nucleoid structuring protein: H-NS)が、本来持っているゲノムよりもGC含量の少ない配列を標的にすることで、水平移動によって獲得された遺伝子を選択的に抑制する事を発見した。

<解説>

"silencing"はMedlinePlusのMedical Dictionaryでは次のように説明されています。

: to block the genetic expression of : SUPPRESS <the gene was silenced using the technique of RNA interference> 

この言葉はいつ頃から使われたのでしょう。SCIENCEをサーチしてみました。

Original Article のTitleとAbstractに限定してみると、1880年から1990年の110年間は0件、1990年から2000年の10年間に6件あり、最初に現れたのは1997年で2件、gene silencingとS phase requirement for silencing というフレーズでした。2000年から2006年現在までには、なんと68件(上記以外の意味も含む)。世の中の移り変わりを実感しますね。動詞として使われたのは、もっと遅く、2002年に、In mammals, X-inactivation silences one of two female X chromosomes. が出現しています。

3. including

Small non-coding RNAs regulalte processes essential for cell growth and development, including mRNA degradation, translational repression, and transcriptional gene silencing (TGS). (SCIENCE 21 JULY 2006; 363)

翻訳に関与しない低分子RNAは、mRNAの分解、翻訳の抑制、転写遺伝子サイレンシング(trascription gene silencing:TGS)など、細胞の増殖や発生にとって非常に重要な過程を調節する。

<解説>

"including" は、The American HeritageR Dictionary of the English Language: Fourth Edition には次のように述べてあります。

1. To take in as a part, element, or member.

2. To contain as a secondary or subordinate element.

3. To consider with or place into a group, class, or total:

この説明の後のUsage Noteに書かれている例文から、Include の使い方がよく分かります。

New England includes Connecticut and Rhode Island

New England comprises (not includes) Connecticut, Rhode Island, Massachusetts, Vermont, New Hampshire, and Maine.

Include often implies an incomplete listing. The use of comprise or consist of, however, will avoid ambiguity when a listing is meant to be exhaustive.

つまり、含まれているものがまだ他にある場合(可能性を含めて)includeを使い、他にはない場合consist of かcompriseを使う。したがって、This study included 50 patients with --- というのは、他の患者も存在することを意味しますよ。これだけの患者なら、consisted of かcomprisedを使いましょう。

4.with little evidence of chronic sun-induced damage

The majority of melanomas that occur on skin with little evidence of chronic sun-induced damage (non-CSD melanoma) have mutations in the BRAF oncogene, whereas in melanomas on skin with marked CSD (CSD melanoma) these mutations are less frequent. (SCIENCE 28 JULY 2006; 521)

黒色腫の大半は、皮膚に発生し日光による慢性的損傷はほとんど認められない非CSD黒色腫であり、BRAF癌遺伝子に変異が見られる。一方、CSDが著しい皮膚黒色腫のCSD黒色腫では、BRAF癌遺伝子変異の頻度は低い。

<解説>

evidence-based medicine (EBM)という言葉はよくご存じでしょう。科学的根拠に基づく医療のことですが、evidenceを証拠でなく根拠と訳してありますね。"evidence"は、Merriam-Webster Online Dictionaryでは、次のように説明してあります。

1.

a : an outward sign : INDICATION

b : something that furnishes proof : TESTIMONY; specifically : something legally submitted to a tribunal to ascertain the truth of a matter.

2 : one who bears witness

エビデンスがある、ない、と記述されることもありますが、それはエビデンスのレベルが明確にされている場合で、普通は、エビデンスというカタカナよりも従来通りに、

「no evidence of ---」 は、「...という徴候/所見がない」、「...は明らかに認められない」。

「little evidence of ---」は、「...という徴候/所見がほとんどない」、「...はほとんど認められない」でいいようです。

今月の翻訳教室はいかがでしたか? Science8月11号の表紙は、久々に写真ではなく絵の表紙でした。Science記事もかなり興味深い内容が多いですが、表紙も毎週様々なテーマで掲載されていますよ。

来月もお楽しみに!

ふーちゃんこと田村房子です。もうすぐ夏休みですね。夏休みの予定はたてられましたか?
さて、今月も「覚えてほしい」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はこちらへ

▼今月のフレーズ

1. Onset and progression thus represent distinct disease phases

Onset and progression thus represent distinct disease phases defined by mutant action within different cell types to generate non?cell-autonomous killing of motor neurons; (SCIENCE 2 JUNE 2006; 1389)

発症と進行は明らかに異なる病期であり、この病期は異なる細胞群(ミクログリア)に発現する変異酵素の作用により規定される。

<解説>

representには、多くの意味がありますが、medical fieldでよく出てくるのは、...を表す(stand for)、象徴する(signify)、描く(depict)、...の典型となる、...に相当する、などでしょう。

しかし、そのいずれも今いちぴったりしないと感じる場合があります。例えば、上記の文のように。「...である」といいきった方が納得できます。Medlineでrepresentを検索すると、最初の方に同じ様な例文がでてきました。

--- that the wild-type JAK2 MPDs may represent another distinct entity with a related but different molecular etiology. (Semin Thromb Hemost. 2006 Jun;32(4):307-40)

2. challenge with pathogenic SIV

We immunized monkeys with plasmid DNA and replication-defective adenoviral vectors encoding SIV proteins and then challenged them with pathogenic SIV. (SCIENCE 9 JUNE 2006; 1530)

われわれは、複製能を欠損させたアデノウイルスベクターを用いて、SIVの蛋白質をコードするプラスミドDNAによりサルに免疫を与え、その後に病原性SIVを投与した

<解説>

"challenge" は、Medline PlusのMedical Dictionaryには、次のように説明してあります。

動詞としては、:to administer a physiological and especially an immunologic challenge to (an organism or cell)、名詞は: the process of provoking or testing physiological activity by exposure to a specific substance; especially : a test of immunity by exposure to an antigen after immunization against it

回の投与で感作し、2回目に投与する場合にchallengeを使います。a challenge doseという使い方もご存じでしょう。

3. identify Synthesis of Cytochrome c Oxidase 2 (SCO2)

We identify Synthesis of Cytochrome c Oxidase 2 (SCO2) as the downstream mediator of this effect in mice and human cancer cell lines. (SCIENCE 16 JUNE 2006; 1650)

マウスおよびヒトの癌細胞において、この効果のメディエーターとして、Synthesis of Cytochrome c Oxidase 2(SCO2)が、p53の下流にある事を発見した。

<解説>

メディエーターとしてidentify されるのは普通「もの」ですが、ここでは酵素の合成というプロセスであり、それをSCO2と略してあります。珍しいので印象に残りました。いや、これは合成でなく、統一体という、やはり「もの」なのですね。貴重なご指摘を受けました。この場をおかりしてお礼申し上げます。
前文で、p53が出てくるので、downstreamというのは、p53の下流とまではすぐ結びつきます。さらにas the downstream mediator of this effect=as the mediator of this effect, which acts downstream of p53と考えれば、上記の訳に納得できるではありませんか。

4. a parallel pathway

Here, we describe a parallel pathway, in which the pseudokinase Tribbles 3 (TRB3), whose abundance is increased during fasting, stimulates lipolysis by triggering the degradation of ACC in adipose tissue.(SCIENCE 23 JUNE 2006; 1763)

今回われわれは、この経路とは別に、絶食時に量が増加するTRB3という偽キナーゼが、脂肪組織でACCの分解を誘発することによって脂肪分解を促す経路について報告する。

<解説>

すぐ前の文で、アセチルコエンザイムAカルボキシラーゼ(ACC)がリン酸化され不活化される経路が説明されており、それとparallelな(平行する・類似した・同じ方向への)経路について報告する、という意味です。

一方、アブストラクトの最後にthese results demonstrate how phosphorylation and ubiquitination pathways converge on a key regulator of lipid metabolism to maintain energy homeostasis.とあり、2つの経路が1つの調節因子に収束する、ということですから、二つの文が矛盾しないようにparallelを訳さなくてはいけません。イメージが浮かべば、「別の経路」で十分と納得できますね。

 

5. an early anticodon-independent RNA-based mechanism for adding glutamine to the genetic code

tRNAGln recognition by indirect readout based on shape complementarity of the D loop suggests an early anticodon-independent RNA-based mechanism for adding glutamine to the genetic code. (SCIENCE 30 JUNE 2006; 950)

Dループの形状の相補性に基づく間接的な読み取り機構によるtRNAGlnの認識から、生命誕生の初期に、アンチコドンによらないRNAの認識に依存して、グルタミンが遺伝暗号に加えられたことが示唆された。

<解説>

A for B というのは、普通はBのためのAという意味ですが、見方を変えれば、Aが在ってBが起こるという順になります。to不定詞と同じように、for にも目的と結果を示す機能があるのですね。そこで、上記の文は「生命誕生の初期に、アンチコドンによらないRNAの認識に依存した機構が存在しており、それがグルタミンを遺伝暗号に加えた」ということになります。それをもっとなだらかに言い換えたのが訳文です。

early は何の初期だろうと模索していましたが、著者に言われてみれば「生命誕生の」初期で、納得できます。同号に"Food for Thought"というタイトルの論文がありました。食糧があって、思索が生れる---「食糧についての思索」でぴったり。拍手!

今月の翻訳教室はいかがでしたか? Science6月30日号に"砂漠アリの万歩計"が紹介されておりました。砂漠アリは体内に万歩計があるそうです。人間にも体内万歩計の機能がついていれば、ダイエットとは無縁の体になるかもしれませんね。その前にダイエットに対する意気込みかもしれませんが・・。

ふーちゃんこと田村房子です。先月、「インターネット時代の英語医学論文作成術」が中山書店から発売になりました。投稿論文以外でもメールの書き方などの裏技も紹介しておりますので、ご覧ください!
さて、今月も「覚えてほしい」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はこちらへ

▼今月のフレーズ

1. discrimination through a spreading and contraction response

B Cell ligand discrimination through a spreading and contraction response (SCIENCE 05 MAY 2006, 738)

B細胞の伸縮応答によるリガンド識別

<解説>

Abstract中では、B cells exhibit a two-phase response in which they first spread over the antigen-bearing membrane and then contract, thereby collecting bound antigen into a central aggregate.(B細胞はまず抗原の結合した膜を広げたのち収縮させ、それによって結合抗原を中心部へ集めて凝集させる、という2段階の応答を示す)とのべてあります。膜の収縮と同時に抗原を集めるので、two-phase responseはspreading and contraction phasesでもあり、同号のPERSPECTIVESにB cells spread and gatherと述べられているように、spreading and gathering (collecting)phasesでもいいわけですね。このような状況の「...による」という表現には、by よりも”through” がぴったり。膜ではなくmuscleなら、contraction and relaxation of muscles  心臓の収縮・拡張を思い浮かべてしまいます。

2. a disease characterized by ---

DKC1 is mutated in people with X-linked dyskeratosis congenital (X-DC), a disease characterized by bone marrow failure, skin abnormalities, and increased susceptibility to cancer.(SCIENCE 12 MAY 2006, 902)

X染色体連鎖型の先天性角化不全症(X-DC)は、骨髄機能不全や皮膚病変を来たし、さらに癌に対する高感受性を有する疾患である。X-DC患者には、DKC1遺伝子の変異が認められる。

<解説>

characterized by --- は、普通「--- によって特徴づけられる、特徴は ---である」と訳せばいいのですが、日本語で病気の説明をするときに、わざわざ特徴という語が必要でしょうか。なくてもいいですね。特徴そのものを直接述べれば、他と区別できる。存在感がでる。

いろいろなシーンの英訳に使えます。「○○は---である」と言う場合に、このbe characterized byが使えることがありますよ。 

因みにcharacterizeは、The American HeritageR Dictionary of the English Language: Fourth Edition.には、以下のように説明されています。

1. To describe the qualities or peculiarities of: characterized the warden as ruthless.

2. To be a distinctive trait or mark of; distinguish: the rash and high fever that characterize this disease; a region that is characterized by its dikes and canals.

3. the same molecular mechanism responsible for ---

We show that the same molecular mechanism responsible for HGPS (Hutchinson-Gilford progeria syndrome) is active in healthy cells. (SCIENCE 19 MAY 2006,  )

今回、HGPS*を引き起こす分子メカニズムが健康な細胞においても活性であることを示す。

*:ハッチンソン・ギルフォード病(HGPS)という早期老化症候群

<解説>

the same molecular mechanism (that is) responsible for HGPS はHGPSを引き起こすまさにその分子メカニズム、ということですね。このAbstractでは、もう一箇所 ”the same” が次のように使われています。訳は少しひねっています。

Age-related nuclear defects are caused by sporadic use, in healthy individuals, of the same cryptic splice site in lamin A whose constitutive activation causes HGPS.

健康人において、このような加齢に伴う核の欠陥は、ラミンAの隠れたスプライス部位が散発的に使用されることによって誘導され、一方HGPSはこれと同じスプライス部位が恒常的に活性化されて発症する。

4.  allow someone to do

Molecular imaging will allow clinicians to not only see where a tumor is located in the body, but also visualize the expression and activity of specific molecules (e.g., proteases and protein kinases) and biological processes (e.g., apoptosis, angiogenesis, and metastasis) that influence tumor behavior and/or response to therapy. (SCIENCE 26 MAY 2006, 1168)

分子イメージングにより、臨床医は体内の腫瘍部位を特定するだけでなく、腫瘍の挙動や治療効果に影響する特定の分子(例えば、プロテアーゼや蛋白質キナーゼなど)の発現や活性、およびアポトーシス、血管新生、転移など生物学的過程を視覚化できるようになるであろう。

<解説>

“something allows someone to do” についての説明がないかとThe American HeritageR Dictionary of the English Language: Fourth Editionをみたところ、な、なんとないのですよ。Compact Oxford English Dictionary にも見あたらず、FarlexのFree English DictionaryThesaurusのところでやっと allow - make it possible through a specific action or lack of action for something to happen; "This permits the water to rush in" だけ。パソコンにインストールしている手持ちのCollins COBUILDでも、If one thing allows another thing to happen, the first thing creates the opportunity for the second thing to happen. だけ。IT時代によく使われている用法は説明されていません。SCIENCEではこのところ、allow someone to doの影がちらほらしています。

Thus, these neurons not only code the observed motor act but also allow the observer to understand the agent's intentions.(SCIENCE 29 April 2005)

The tiny amounts of the compound did not allow us to pursue further structural studies (SCIENCE online 11 May 2006)

今月の翻訳教室はいかがでしたか? Science6月2日号は“はやぶさ特集”でした。新聞各紙でも紹介されていましたので、ご覧になった方も多いと思います。Science6月2日号でははやぶさ関連の論文が6本も紹介されています。興味のある方は、是非ご覧になってください。

来月もお楽しみに!

ふーちゃんこと田村房子です。
太陽が夏の日差しになってきました。夏もすぐそこまでやってきていますね。
さて、今月も「覚えてほしい」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はこちらへ。(science@asca-co.com)

▼今月のフレーズ

1. rendered otherwise not susceptible target cells permissive for

Expression of recombinant xCT rendered otherwise not susceptible target cells permissive for both KSHV cell fusion and virion entry.(SCIENCE 31 MARCH 2006, 1921)

組換えxCTの発現により、本来は感染をうけない標的細胞が、KSHVの細胞融合およびウイルス粒子の侵入を許容するようになった

<解説>

The American HeritageR Dictionary of the English Languageによると、副詞としてのotherwiseは、

1. In another way; differently: She thought otherwise.

2. Under other circumstances: Otherwise I might have helped

3. In other respects: an otherwise logical mind.

なので、上記の文では、2)のunder other circumstances=in the absence of expression of recombinant xCTであり、本来は、と訳せばいいですね。ついでに覚えたい言葉は、render --- permissive です。SVOC 構文で、SがOをCにする。SによりOがCになる(変わる)。一般的、日常的にはget やmake、comeを使いがちですが、科学論文では、renderを使ってみましょう。因みにSCIENCEでは、original research のabstractにこの5年間で9件、render --- more mobile/  render --- insensitive/  render --- less dependent/  render toxicなどと使われています。

2. partially reversed noncardiovascular manifestations

AT1 antagonism also partially reversed noncardiovascular manifestations of MFS, including impaired alveolar septation.(SCIENCE 7 APRIL 2006, 117)

また、AT1拮抗薬は、肺胞中隔の障害など、MFSの心血管系外症状も部分的に改善した

<解説>
AT1 antagonismは、厳密にはopposition in physiological action (Medline Plus のMedical Dictionary)であり、 AT1拮抗薬ではなく、AT1への拮抗作用ですが、この作用を行うのがAT1拮抗薬なので、意味的には同じことですね。因みにAT1とは、angiotensin II type 1 receptor のこと。angiotensin II がその受容体の一つであるAT1と結合すると血圧上昇作用が生じるのは、皆さんよくご存じでしょう。この結合を阻止して血圧を下げるのがAT1 antagonist=AT1 blockerです。既に市販されているこのような降圧剤がマルファン症候群(MFS)の一部の症状をreverseするというのは、

To turn around to the opposite direction;

To cause (an engine or a mechanism) to function in reverse.(The American HeritageR Dictionary)

すなわち、発症過程を逆行させる、良くなるように進めるわけです。completely なら回復でいいし、partiallyなら改善するがぴったり。ところでseptation は、Medline Plus のMedical Dictionary

1 : division into parts by a septum : the condition of being septate 

2 : SEPTUM

と書いてあるので、septum と捉えていいですね。

  

3. differential targeting

Differential Targeting of Gβα-Subunit Signaling with Small Molecules.

We hypothesized that differential targeting of this surface could allow for selective modulation of Gβα-subunit functions. (SCIENCE 21 APRIL 2006, 443)


低分子による個別表面ターゲティングにより、Gβαサブユニット機能の選択的調節が可能になるとの仮説を立てた。

<解説>

differential diagnosisは鑑別診断、differential stainingは分別染色とされていることから、differential targetingに個別ターゲットと言う訳語をあてましたが、どなたかもっと良い訳語をご存じではないですか。ついでにdifferential blood countは白血球百分率数、differential anesthesiaは分離麻酔(選択的麻酔)と、されています。

The American HeritageR Dictionaryには、"differential"は形容詞として、次のように述べられています。

1. Of, relating to, or showing a difference.

2. Constituting or making a difference; distinctive.

3. Dependent on or making use of a specific difference or distinction.

4. Mathematics Of or relating to differentiation.

5. Involving differences in speed or direction of motion. 

MedlinePlusのMedical Dictionaryでは、

1 : of, relating to, or constituting a difference <differential birth rates in different economic   levels>

2 : making a distinction between individuals or classes <differential cell counts> <differential      staining>

根底には、differenceという概念がある、と理解しましょう。

4.  the unfolded protein response

Proapoptotic BAX and BAK Modulate the Unfolded Protein Response by a Direct Interaction with IRE1a

Accumulation of misfolded protein in the endoplasmic reticulum (ER) triggers an adaptive stress response -- termed the unfolded protein response (UPR) -- mediated by the ER transmembrane protein kinase and endoribonuclease inositol-requiring. (SCIENCE 28 APRIL 2006, 572)


アポトーシスを誘導する蛋白質BAXBAKは酵素IRE1aと直接結合して小胞体ストレス応答(unfolded protein responseを制御する

誤って折り畳まれた蛋白質が小胞体に蓄積すると、小胞体上の膜貫通型蛋白リン酸化酵素でエンドリボヌクレアーゼでもあるIRE1aを介して、適応的なストレス応答が惹起される。この応答は小胞体ストレス応答(UPRと呼ばれる。

<解説>
unfoldedは折り畳まれたもの(蛋白質)が開かれた状態をいい、そのような状態の蛋白質の応答をunfolded protein responseという、というのはすぐわかりますが、その和訳は一筋縄ではいきません。Googleで探すのみです。まだ英語表記のままの論文も散見されます。

 

今月の翻訳教室はいかがでしたか?4月28日号に昆虫の目のような外観と機能を有する複眼が開発されたという記事がありましたね。昆虫の目があれば、イチローも真っ青な動体視力でバッター席に立つことも可能かもしれませんね。

来月もお楽しみに!

ふーちゃんこと田村房子です。
少しずつ暖かくなり、お花見の季節となりました。4月は新生活をスタートする人も
多いのではないでしょうか?気分を新たに翻訳教室もがんばっていきますので、よろしくお願いします。
さて、今月も「覚えてほしい」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はこちらへ(science@asca-co.com)。

▼今月のフレーズ

1. chemical rescue

Chemical rescue of a mutant enzyme in living cells
(SCIENCE 3 MARCH 2006; 311, 1293)

突然変異した酵素を生細胞内で化学的に修復する

<解説>
このAbstractには、rescueが6回も使われています。chemical rescue 以外に、cellular rescue, rescue data, rescue approach など名詞で、また動詞としても--- the protein tyrosine kinase Src arginine-388 alanine (R388A) mutant can be rescued in live cells with the use of the small molecule imidazole. という具合です。この言葉が好きなのでしょう。

そういえば、レスキュー隊とか、レスキューという言葉はこのごろよく新聞紙上で見かけますね。救助する、救済する、救う、という意味ですが、化学的救済、化学的救助という置換的な訳語は見つけることができません。Medical Dictionaryには収載されておらず、Merriam-Webster Onlineでは、次のように説明されています。
to free from confinement, danger, or evil : SAVE, DELIVER: as a : to take (as a prisoner) forcibly from custody b : to recover (as a prize) by force c : to deliver (as a place under siege) by armed force

取り上げたAbstract内では言い換えとしてrestoration of catalytic activity と表現されているので、修復すると訳せばいいですね。Scienceのreportsのタイトルにrescueという単語がどれほど使われているのか、ちょっと検索してみました。この10年間に11件ほどあります。1年間に1件程度。今年は、この論文のタイトルですが、 その他は、rescue of dystrophic muscle, rescue of cardiac defectsなどです。タイトルと限定しなければ、ヒット数は300 件を超えます。mGluR1-rescue miceなんていうのもありました。結構使われている!「修復する」から、repair 以外にrescueを思い出せたら、今を生きている感じがしませんか?

2.to stimulate neurons beyond those activated by the single odorants

We propose that --- and that merging the receptor codes of two odorants provides novel combinations of receptor inputs that stimulate neurons beyond those activated by the single odorants (SCIENCE 10 MARCH 2006; 311, 1477)

2つの匂い物質の受容体コードを1つに合わせることにより、受容体入力の新たな組み合わせが生じる。その結果、単一の匂い物質によって活性化されるニューロン以外のニューロンを刺激すると考えられる。

<解説>
この文の前にHere, we report that binary odorant mixes stimulate cortical neurons that are not stimulated by their individual component odorants.とあるので、beyond は
「...以外の」と考えられますね。

ちなみにMerrian-Webster Online Dictionaryには前置詞のbeyondについて次のように説明されています。

1 : on or to the farther side of : at a greater distance than
a : out of the reach or sphere of b : in a degree or amount surpassing c : out of the comprehension of
3 :  in addition to : BESIDES

3.the potential to infect humans and cause a pandemic

The spread of H5N1 avian influenza viruses (AIVs) from China to Europe has raised global concern about their potential to infect humans and cause a pandemic.(
SCIENCE 17 MARCH 2006. 311,1576)

H5N1鳥インフルエンザウイルス(AIV)が中国からヨーロッパへ広がったことによって、AIVがヒトに感染し世界的流行を引き起こす可能性がある)のではないかという懸念が、世界中に高まっている。

<解説>
鳥インフルエンザウイルスがヒトに感染し世界的流行を引き起こす可能性ついての世界的な関心、つまり可能性があることへの懸念になりますね。「ついて」や「関して」というのは何にでも付けられる便利なことばですが、曖昧でもあります。できるだけ、省きたいですね。

ところでpotential=possibilityなのですが、high potential とは言えるけれど、high possibilityとは普通言わず、strong possibilityと言う、と英和辞典に書かれているので、ちょっとGoogle 検索をしてみました。【"high potential" とinfection】(188,000件で圧倒的多数です)、【"strong possibility" とinfection】(55,000件)、【"high possibility"とinfection】 (18,100件)。なるほど、なるほど、納得できますね。

4.oncolytic viral therapy

Here we have combined an immune effector cell population [cytokine-induced killer (CIK) cells] with an oncolytic viral therapy to achieve delivery to, and regression of, tumors in both immunodeficient and immunocompetent mouse models.SCIENCE 24 MARCH 2006:311.5768, 1780)

今回われわれは、免疫欠損マウスと免疫能のあるマウスを用いて、免疫エフェクター細胞集団[サイトカイン誘導性キラー(CIK)細胞]と腫瘍を退縮させるウイルス療法を組み合わせることにより、標的腫瘍へ効率よく到達し、腫瘍を縮小させることに成功した。

<解説>
oncolytic というのは、onco- [腫瘍(癌)]を-lytic [破壊・溶解]することですが、Google検索してみると、oncolytic viral therapy はウイルスを用いた癌治療
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/surgery2/ virus_therapy/HF10_therapy.html)、あるいは単にウイルス療法(oncolytic viral therapy)
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/neurosurg/kenkyu/virus.html)、癌に対するウイルス療法と表記されています。thrombolytic therapyは血栓溶解療法であり、antibiotic 抗生剤に倣って、thrombolytic だけで血栓溶解薬とか。いつかoncolytic だけで癌治療薬なんてことになる?!

 

今月の翻訳教室はいかがでしたか?3月17日号にニュージーランドに生息する飛べないバッタの話が掲載されていました。重要な仕事をこなす働きもののバッタもいるのですね。
来月もお楽しみに!

ふーちゃんこと田村房子です。サイエンス誌の英語を使って科学英語を勉強するコーナー「ふーちゃんの翻訳教室」も3回目を迎えました。ところで、3月3日号サイエンス誌に興味深い記事が掲載されています。「親切心」、つまり「他者を助けてあげたい」と考える傾向は人間だけかと思っていましたが、なんとチンパンジーでも困っている人を助けることが実証されたのです。親切心も持たない人はチンパンジー以下、ってことなんでしょうか。
さて、今月も「覚えてほしい」フレーズや用語を紹介します。「難しいけど勉強になる」って言ってもらえれば幸いです。ご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はこちら

▼今月のフレーズ

1 neuroblasts migrate from --- to ---

In the adults brain, neuroblasts born in the subventricular zone migrate from the walls of the lateral ventricles to the olfactory bulb.(science 3 February 2006 311:629)

成体の脳において、脳室下層で生れた神経芽細胞は、側脳室の壁から嗅球に向けて移動する。

<解説>
<migrate>は、マクロ的に人が移住する、鳥や魚が移動する(渡る)場合につかう、と思っていませんか。ミクロ的にも使うのですよ。現に、MedlineのMedical Dictionaryには、<migrate>が次のように説明されています。
to move from one place to another: as a : to move from one site to another in a host organism especially as part of a life cycle b of an atom or group : to shift position within a molecule
前者aにあたります。「遊走する」と訳すこともあります。細胞の遊走はcell migrationです。東北大学、器官構築学セミナーの以下の説明を読むとよくわかります。
<神経細胞のもとになる神経幹細胞は、Ventricular Zoneと呼ばれる限局した領域にのみ存在し、そこで細胞分裂を繰り返し、生じた娘細胞はVentricular Zoneから最終的な目的地に移動する。この過程が神経細胞の遊走で...>

言い換えはおもしろいことにorient overが使ってあります。この文章に続いて、How do these cells orient over such a long distance and through complex territories? と述べてあるのです。うれしいことに、これは日本人著者の論文でした。

2. by chronic, but not acute, administration

Mice experiencing repeated aggression develop a long-lasting aversion to social contact, which can be normalized by chronic, but not acute, administration of antidepressant. (science 10 February 2006 311: 864)

繰り返し攻撃を受けたマウスは、別のマウスとの社会的接触に対する嫌悪を長期間持続して示すようになる。この反応は、抗うつ薬の長期的投与によって正常化が可能であるが、短期的投与では可能でない。

<解説>
なんて事もない表現? いえいえ、この挿入の仕方は是非マスターしておきましょう。---
by chronic administration of antidepressant, but not by acute administration. でもいいのですが、この表現より引き締まったかっこいい文体です。省略できるところは省略する。字数制限があるAbstractに使えるテクニックです。挿入前後のコンマも省略されることがあります。We identify general conditions under which populations can or cannot undergo coherent oscillations (science 17 November 2000 290: 1360) 程度は、言及することもないですね。少し向きを変えて、chronic rather than acute administrationなどと展開もできますよ。

3. widely implicated in

Norepinephrine (NE) is widely implicated in opiate withdrawal, but much less is known about its role in opiate-induced locomotion and reward. (science 17 February 2006 311:1017)

ノルアドレナリン(NE)は、アヘンなどオピオイド依存からの離脱に関与していることが広く知られているが、オピオイドによって誘発される運動や報酬行動におけるNEの役割についてはほとんど知られていない。

<解説>
<implicate> は、Merrian Webster Online Dictionary では、次のように説明されています。
1: to involve as a consequence, corollary, or natural inference: IMPLY; 2. archaic: --- 3. 3 a : to bring into intimate or incriminating connection b : to involve in the nature or operation of something.
今ひとつぴんと来ません。しかし、"A implicates B"というのは、Britannica Concise Encyclopedia にわかりやすい例が出ています。
"John has three sons" conversationally implicates that John has no more than three sons.
AからBがそれとなく(暗に)わかる、推論される、示唆される、ということです。形を変えれば、"B is implicated (by A)"ですね。冒頭の例文の前半をその形にしてみましょう。in opiate withdrawal は一見すると副詞句ですが、すぐ前に名詞がなければ、主語を修飾する形容詞句と考えることもできます。
Norepinephrine (NE) in opiate withdrawal is widely implicated. こうなると、opiate withdrawal におけるNE【の存在】が広く【多くの人に】示唆されている、NEがopiate withdrawal に関与していることが広く知られている、ということになります。そこで、上記のような訳文になりました。

4. quorum-sensing signaling

We review recent research into two fundamental bacterial small-molecule signaling pathways: extracellular quorum-sensing signaling and intracellular cyclic dinucleotide signaling.(science 24 February 2006 311:1113)

今回われわれは、細菌における2種類の基本的な低分子シグナル伝達経路 -- 細胞外のquorum sensing(定数感知)シグナル伝達経路と細胞内の環状ジヌクレオチドシグナル伝達経路 -- に関する最近の研究について概説した。

<解説>
quorum-sensing は見慣れない言葉ですね。"quorum" はmedical dictionary には収載されておらず、 The American Heritage® Dictionary of the English Language: Fourth Edition にNOUN として次のように説明されています。
1. The minimal number of officers and members of a committee or organization, usually a majority, who must be present for valid transaction of business. 2. A select group.

"quorum sensing"は、本文の冒頭に説明してありました。参考のために抜粋してみます。
One major role of bacterial extracellular small-molecule signaling is in cell-cell communication (quorum sensing), which involves the production, release and community-wide detection of molecules called autoinducers. Quorum sensing provides a mechanism for bacteria to monitor one another's presence and to modulate gene expression in response to changes in population density. 簡単に言えば、注)に記したように、ある一定数の細菌が集合したことを細菌自身が感知し応答する機構でしょう。ヒトにもあるのかな?

 

以上、今月はいかがでしたか?
チンパンジーは、誰に助けてもらったら効果的なのか、までわかっているようなのです。研究やビジネスの現場に「以下」の人、結構いたりして。進んで人に親切にしましょう。

season1: 月別アーカイブ