株式会社アスカコーポレーション - 医薬翻訳・英文校正・メディカルライティング ・通訳

ASCA

 第1回目:言い換え遊びをしましょう

「一つの英語論文で同一表現は使わない方がいい」のはよくご存じでしょう。Abstract, Introduction, Discussionでは、同じ内容が繰り返し述べられますが、表現は少しずつ変わっています。そのあたりをまず探っていきたいと思います。言い換えに焦点を合わせると、意外に理解しやすくなります。加えて、英語を読むのも書くのも楽になります。どんどん読んで、どんどん書きましょう。それではまず、現代人に広がる不安症の新薬候補が扱われているScience 2009 [July 24]; 325: 490、Translocator Protein (18kD) as Target for Anxiolytics Without Benzodiazepine-Like Side Effects

 
1. 最初に単語レベルで同じ意味のものを見つけましょう。
antianxiety agents = anxiolytic agents = anxiolytics translocator protein ligands, such as XBD173     は、左側の概念・言葉に右側の概念・言葉が含まれることを示します。)
anxiolytic effect = anxiolytic efficacy = anxiolytic potential
more favorable side effects = less severe side effects
 
2. 次の文から、関係代名詞thatandと言い換えできるのがわかりますね。
1) Anxiety disorders are highly prevalent disabling disorders that frequently turn into chronic clinical conditions.
2) Anxiety disorders are highly prevalent disabling disorders and frequently turn into chronic clinical conditions.
これが実感できれば、しめたもの。始めから後戻りせずスムーズに読んで理解できますよ。
 
3. さらに、withandで言い換えできます。
1) XBD173 exerts rapid anxiolytic and antipanic effects with a more favorable side-effect profile than that of benzodiazepines.
2) XBD173 exerts rapid anxiolytic and antipanic effects and has a more favorable side-effect profile than that of benzodiazepines.
 
上記を踏まえて、Abstractの次の一文はどのような言葉に言い換えられているでしょうか。
Anxiolytic agents retain the rapid anxiolytic potential of benzodiazepines but lack their unfavorable side-effects. 
 
答えは次回にお届けしますからお楽しみに。こんな具合に表現は変えることが可能です。自身の英語を磨く意味でもどんどん言い換えてください。来月またお会いしましょう!