株式会社アスカコーポレーション - 医薬翻訳・英文校正・メディカルライティング ・通訳

ASCA

 第10回目:Conclusions in Abstractの表現(1)

Abstractの最後は、研究の主な結論を読者にわかりやすく述べねばなりません。提起された疑問、研究課題(Research question)はどのように答えられているでしょうか。
 

1) We conclude that ---
The frontal eye field (FEF) is one of several cortical regions thought to modulate sensory inputs. Moreover, several hypotheses suggest that the FEF can only modulate early visual areas in the presence of a visual stimulus. To test for bottom-up gating of frontal signals, we microstimulated subregions in the FEF of two monkeys and measured the effects throughout the brain with functional magnetic resonance imaging. ---- We conclude that bottom-up activation is needed to enable top-down modulation of early visual cortex and that stimulus saliency determines the strength of this modulation. (Sci08-0718;321: 414)
 

Research questionは、前頭眼野(FEF)のシグナルに対してbottom-up gatingがあるのか、です。実験を行った結果、特定の目的のために、すなわち、早期視覚野(early visual cortex/early visual area)のtop-down modulationを可能にするために、bottom-up activationが必要であり、刺激の顕著性がこのmodulationの強さを決める結論を下しています
 

2) may を用いる
The  γ-secretase complex plays a role in Alzheimer’s disease and cancer progression. The development of clinically useful inhibitors, however, is complicated by the role of the γ-secretase complex in regulated intramembrane proteolysis of Notch and other essential proteins. Different     γ-secretase complexes containing different Presenilin or Aph1 protein subunits are present in various tissues. Here we show that ---. --- The Aph1B complex contributes to total γ-secretase activity in the human brain, and thus specific targeting of Aph1B-containing γ-secretase complexes may help generate less toxic therapies for Alzheimer’s disease. (Sci09-0501;324: 639)
 

アルツハイマー病などに関与しているγ-secretase complexesに対して、臨床的に有用な(つまり副作用の少ない)阻害剤の開発が困難である、と現状が述べられています。Research questionは隠れていますが、「有望なのはどのγ-secretase complexか」でしょう。γ-secretase complexesとは、presenilin やAph 1などと複合体を形成したγ-secretaseのことです。それらの性質を調べ、Aph-1Bとの複合体を不活化すると、マウスモデルの病態が改善し副作用もみられないという結果がでました。Aph1Bを含むγ-secretase complexがヒト脳内のtotal γ-secretase activityに寄与していることがわかったのです。したがって、このAph1Bを含むγ-secretase complex複合体を標的にすれば、毒性の低い治療薬が生まれるであろう、という結論になりました。単純な”may” を用いて、結論を述べています。それでは、また来月。