株式会社アスカコーポレーション - 医薬翻訳・英文校正・メディカルライティング ・通訳

ASCA

 第9回目:Method/Technique-oriented の場合

Science Unstructured Abstractでは、研究手法(methods/techniqueに関する論文の場合(第5回参照)は、BACKGROUND説明の後に、OBJECTIVES/METHODSの説明+RESULTSを記載する、と規定されています。例を見てみましょう。

1)(The identification of untranslated regions, introns, and coding regions within an organism remains challenging.) We developed a quantitative sequencing-based method called RNA-Seq for mapping transcribed regions, in which complementary DNA fragments are subjected to high-throughput sequencing and mapped to the genome. We applied RNA-Seq to generate a high-resolution transcriptome map of the yeast genome and demonstrated that most (74.5%) of the nonrepetitive sequence of the yeast genome is transcribed.             (Sci08-0606; 320: 1344)

 
この研究では、「quantitative sequencingに基づいて転写領域をマッピングするRNA-Seq法を開発した」のです。「本法は、相補的DNA断片をハイスループットシークエンスにかけ、ゲノム上での位置を決定する手法である。」とmethods/technique について述べてあります。
この文の後に、「このRNA-Seqを用いて、酵母ゲノムの高解像度のトランスクリプトーム (転写産物)マップを作成大半(74.5%)の非繰り返し配列が転写されることを示した。」と結果の一部が述べてあります。
 
動物モデルであれ、数学モデルであれ、モデル作成もMethods の一部でしょう。次の例文も、ほぼ同様な要約の流れです。
 
2) (To investigate the unregulated Ras activation associated with cancer,) we developed and validated a mathematical model of Ras signaling. The model-based predictions and associated experiments help explain why only one of two classes of activating Ras point mutations with in vitro transformation potential is commonly found in cancers. Model-based analysis of these mutants uncovered a systems-level process that contributes to total Ras activation in cells. This predicted behavior was supported by experimental observations.                  (Sci 07-1019; 318: 463)
 
「がんに伴う異常な(unregulated)Ras活性化を解明するために、Ras signalingの数学モデルを開発・検証した」のです。そして、このモデルを用いてRas活性化変異体を解析すると、細胞内の全Ras活性化に寄与するsystem-level process の存在が明らかになった。ようです。
 
 
 自然に考えればいいのですね。それでは、また来月。いよいよ結論・推論の部分です。