株式会社アスカコーポレーション - 医薬翻訳・英文校正・メディカルライティング ・通訳

ASCA

 第6回目:Backgroundの表現(1)

あけましておめでとうございます。

年初を契機に、Science誌Research Article/ ReportのUnstructured Abstract構成に取り組んでみましょう。まず、Brief background informationから始めなさいと規定してありました。さあ、ここからです。といっても、「ここから書き始める」と言うことではありません。「仕上げの形としてイメージする」というイメージトレーニングの第一歩ということです。

1) Why do seemingly identical cells respond differently to a drug? To address this, we studied ---. (Sci 08-1205; 322: 1511)

 

何と、すぐ使えそうな簡潔なフレーズではありませんか! 研究課題(問題)が、何故かともろに提起され、それを明らかにするため、どういう研究をしたかが「--- 以下」に述べてあります。このように問いかけを明確にすると、結論も明確に書けるでしょう。

 

2) Cryptochromes (CRY) are photolyase-like blue-light receptors that mediate light responses in plants and animals. How plant cryptochromes act in response to blue light is not well understood. We report here ---. (Sci 08-1205; 322: 1535)

 

第一文は、定義文と称される定型的な説明表現です。何はxxxxxであるbe 動詞だけでなく関係代名詞のthatも使ってあり、少し複雑になっていますが、科学論文の基礎になる文型なので、よくご存じでしょう。このthat関係代名詞は省略してreceptors mediating light responsesとすることもできます。

 

第二文に, plant cryptochromes>がどのように作用するのか、と言う問いかけ、すなわち研究課題がのべてあり、それはまだよくわかっていない。そこで(それを解明するために)われわれは--- 以下の研究をしたので報告する、と続いています。カッコに入れたのは、読者が類推できることだからです。読者が類推し易いことは、字数制限のあるAbstractから省くことができるのですよ(Note 1)。また、この課題の文章中でplant cryptochromesって何?と一般読者は引っかかりますね。その説明のために第一文が加わったわけです。

 

1)では、一般読者が引っかかる言葉はないので、説明文は不要でした。それなら、<1)To address thisは、省略できないのでしょうか?

Why do seemingly identical cells respond differently to a drug?We studied --- .

何故か。(それはまだよくわかっていないので、それを明らかにするために)われわれは--- を研究した2段階の類推をして、ぎりぎり理解できます。そのような例文が実際にあるでしょうか。あるのですよ。それでは、次回をお楽しみに。