株式会社アスカコーポレーション - 医薬翻訳・英文校正・メディカルライティング ・通訳

ASCA

 第3回目:論文の構成 Summary とAbstractはどう違う?そして総説は?

3回目

Abstract Summaryはどう違うのでしょう。N Engl J Medでは、

ABSTRACT
Provide an abstract of not more than 250 words. It should consist of four paragraphs, labeled Background, Methods, Results, and Conclusions. They should briefly describe, respectively, the problem being addressed in the study, how the study was performed, the salient results, and what the authors conclude from the results.

 

Abstract250 words 以内4 パラグラフ(背景, 方法, 結果, 結論)で構成しなさい、とあります。これも"IMRAD"方式です(「英医論作」Chapter 2, Lesson 7)。しかも、Backgroundでは、研究で取り組む問題について、Methodsでは研究の方法について、Resultsでは顕著な結果を、Conclusionsでは、この結果から引き出した結論を簡潔に記すよう求めています。

 

Summaryについては規定がありません。The American Heritage Dictionary of the English Languageには、次のように説明してあります。

A presentation of the substance of a body of material in a condensed form or by reducing it to its main points; an abstract.

 

4パラグラフに分ける必要はなく、かいつまんで手短に言う、いわゆる要約でいいのですね。

 

原著論文症例報告の構成は大体理解できたと思います。それでは、残る総説を見てみましょう。

 

REVIEW ARTICLES

Review articles are usually solicited by the editors, but we will consider unsolicited material. Please contact the editorial office before writing a review article for the Journal. ----- They should be written for the general physician, not specialists. Consequently, they may include material that might be considered too introductory for specialists in the field being covered.

普通は、編集部から依頼されて書く物のようです。勿論、そうでない場合もあり、その時は予め連絡すること。内容的には、専門医というより、一般の医師、つまりより広い読者に向けて書かれるもので、入門書的な性質があるようです。さらに次の表記があります。

These articles do not include an abstract. 

えっ、総説にはAbstractは不要!?  Summary も不要のようです。これは例外的なのでしょうか? 来月は別のジャーナル、学会誌を探索してみましょう。