株式会社アスカコーポレーション - 医薬翻訳・英文校正・メディカルライティング ・通訳

ASCA

 ~第6回~

ふーちゃんこと田村房子です。先月、「インターネット時代の英語医学論文作成術」が中山書店から発売になりました。投稿論文以外でもメールの書き方などの裏技も紹介しておりますので、ご覧ください!
さて、今月も「覚えてほしい」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はこちらへ

▼今月のフレーズ

1. discrimination through a spreading and contraction response

B Cell ligand discrimination through a spreading and contraction response (SCIENCE 05 MAY 2006, 738)

B細胞の伸縮応答によるリガンド識別

<解説>

Abstract中では、B cells exhibit a two-phase response in which they first spread over the antigen-bearing membrane and then contract, thereby collecting bound antigen into a central aggregate.(B細胞はまず抗原の結合した膜を広げたのち収縮させ、それによって結合抗原を中心部へ集めて凝集させる、という2段階の応答を示す)とのべてあります。膜の収縮と同時に抗原を集めるので、two-phase responseはspreading and contraction phasesでもあり、同号のPERSPECTIVESにB cells spread and gatherと述べられているように、spreading and gathering (collecting)phasesでもいいわけですね。このような状況の「...による」という表現には、by よりも"through" がぴったり。膜ではなくmuscleなら、contraction and relaxation of muscles 心臓の収縮・拡張を思い浮かべてしまいます。

2. a disease characterized by ---

DKC1 is mutated in people with X-linked dyskeratosis congenital (X-DC), a disease characterized by bone marrow failure, skin abnormalities, and increased susceptibility to cancer.(SCIENCE 12 MAY 2006, 902)

X染色体連鎖型の先天性角化不全症(X-DC)は、骨髄機能不全や皮膚病変を来たし、さらに癌に対する高感受性を有する疾患である。X-DC患者には、DKC1遺伝子の変異が認められる。

<解説>

characterized by --- は、普通「--- によって特徴づけられる、特徴は ---である」と訳せばいいのですが、日本語で病気の説明をするときに、わざわざ特徴という語が必要でしょうか。なくてもいいですね。特徴そのものを直接述べれば、他と区別できる。存在感がでる。

いろいろなシーンの英訳に使えます。「○○は---である」と言う場合に、このbe characterized byが使えることがありますよ。

因みにcharacterizeは、The American HeritageR Dictionary of the English Language: Fourth Edition.には、以下のように説明されています。

1. To describe the qualities or peculiarities of: characterized the warden as ruthless.

2. To be a distinctive trait or mark of; distinguish: the rash and high fever that characterize this disease; a region that is characterized by its dikes and canals.

3. the same molecular mechanism responsible for ---

We show that the same molecular mechanism responsible for HGPS (Hutchinson-Gilford progeria syndrome) is active in healthy cells. (SCIENCE 19 MAY 2006, )

今回、HGPS*を引き起こす分子メカニズムが健康な細胞においても活性であることを示す。

*:ハッチンソン・ギルフォード病(HGPS)という早期老化症候群

<解説>

the same molecular mechanism (that is) responsible for HGPS はHGPSを引き起こすまさにその分子メカニズム、ということですね。このAbstractでは、もう一箇所 "the same" が次のように使われています。訳は少しひねっています。

Age-related nuclear defects are caused by sporadic use, in healthy individuals, of the same cryptic splice site in lamin A whose constitutive activation causes HGPS.

健康人において、このような加齢に伴う核の欠陥は、ラミンAの隠れたスプライス部位が散発的に使用されることによって誘導され、一方HGPSはこれと同じスプライス部位が恒常的に活性化されて発症する。

4.  allow someone to do

Molecular imaging will allow clinicians to not only see where a tumor is located in the body, but also visualize the expression and activity of specific molecules (e.g., proteases and protein kinases) and biological processes (e.g., apoptosis, angiogenesis, and metastasis) that influence tumor behavior and/or response to therapy. (SCIENCE 26 MAY 2006, 1168)

分子イメージングにより、臨床医は体内の腫瘍部位を特定するだけでなく、腫瘍の挙動や治療効果に影響する特定の分子(例えば、プロテアーゼや蛋白質キナーゼなど)の発現や活性、およびアポトーシス、血管新生、転移など生物学的過程を視覚化できるようになるであろう。

<解説>

"something allows someone to do" についての説明がないかとThe American HeritageR Dictionary of the English Language: Fourth Editionをみたところ、な、なんとないのですよ。Compact Oxford English Dictionary にも見あたらず、FarlexのFree English DictionaryThesaurusのところでやっと allow - make it possible through a specific action or lack of action for something to happen; "This permits the water to rush in" だけ。パソコンにインストールしている手持ちのCollins COBUILDでも、If one thing allows another thing to happen, the first thing creates the opportunity for the second thing to happen. だけ。IT時代によく使われている用法は説明されていません。SCIENCEではこのところ、allow someone to doの影がちらほらしています。

Thus, these neurons not only code the observed motor act but also allow the observer to understand the agent's intentions.(SCIENCE 29 April 2005)

The tiny amounts of the compound did not allow us to pursue further structural studies (SCIENCE online 11 May 2006)

今月の翻訳教室はいかがでしたか? Science6月2日号は"はやぶさ特集"でした。新聞各紙でも紹介されていましたので、ご覧になった方も多いと思います。Science6月2日号でははやぶさ関連の論文が6本も紹介されています。興味のある方は、是非ご覧になってください。

来月もお楽しみに!