株式会社アスカコーポレーション - 医薬翻訳・英文校正・メディカルライティング ・通訳

ASCA

 ~第10回~

ふーちゃんこと田村房子です。Science誌でもPodcastをしているのをご存知ですか?耳で楽しむScienceも楽しいですよ。
さて、今月も「ちょっと変わった」フレーズや用語を紹介します。サイエンス誌へのご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はコチラへ。

▼今月のフレーズ

1.  "eat me" signals

Parasites simultaneously inhibit the exposure of phosphatidylserine on the outer leaflet of host plasma membranes, which act as "eat me" signals to phagocytes.
(
SCIENCE 1 SEPTEMBER 2006; 1287)
寄生虫は同時に、ホスファチジルセリンを宿主の細胞膜の外側に露出させ、食細胞へ「貪食」の信号を送るのを阻害する。

<解説>

"eat me" とは、「私を食べて」ということ。このような俗世間の言葉が論文の要旨に書かれていたのには驚きました。楽しくなりますね。このまま、お伝えしたかったのですが...。ま、貪食ぐらいで抑えておきましょう。

2.  topographically mapped

In the mouse trigeminal pathway, sensory inputs from distinct facial structures, such as whiskers or lower jaw and lip, are topographically mapped onto the somatosensory cortex through relay stations in the thalamus and hindbrain.
(SCIENCE 8 SEPTEMBER 2006; 1408)


マウスでは、ヒゲや下顎、口唇など各顔面構造体からの三叉神経経路への感覚入力は、視床および後脳での中継点を経て、体性感覚野に秩序だってマッピングされる

<解説>

"topography"とは、地形(図)、地勢(図)、などといわれていますが、Medline PlusのMedicalDictionaryには、次のように述べてあります。

1 the physical or natural features of an object or entity and their structural relationships <the topography of the abdomen> <the topography (size and fluorescent staining intensity) of human chromosomes -- Science News>
2 : REGIONAL ANATOMY

しかしこれを形容詞・副詞として解釈するには、どう訳したらいいのでしょう。局所解剖学的に一定の場所にきちんとマッピングされるということですから、組織分布的に、いや秩序だって、あるいは整然と、というぐらいでよいのではないでしょうか。

3.  constitutive toxic protein aggregation

The downstream transcription factors, heat shock factor 1, and DAF-16 regulate opposing disaggregation and aggregation activities to promote cellular survival in response to constitutive toxic protein aggregation.
(SCIENCE 15 SEPTEMBER 2006; 1604)

IISの下流の転写因子である熱ショック因子1(heat shock factor 1)とDAF-1は、恒常的に起こる有害な蛋白質凝集に反応して、分解と凝集との拮抗する活性を調節することで、細胞の生存を促進する。

<解説>

"constitutive" というのは、MedlineのMedical Dictionaryでは次のように説明してあります。

1 a : of, relating to, or being an enzyme or protein produced in relatively constant amounts in all cells of an organism without regard to cell environmental conditions (as the concentration of a substrate) -- compare INDUCIBLE a b : controlling production of or coding genetic information for a constitutive enzyme or protein <constitutive genes> <constitutive mutations>
2 : being chromatin of a chromosomal region that is condensed into heterochromatin in all cells of an organism rather than just some

一方、"inducible" は、
: capable of being formed, activated, or expressed in response to a stimulus especially of a molecular kind: as a : formed by a cell in response to the presence of its substrate <inducible enzymes> -- compare CONSTITUTIVE 1a b : activated or undergoing expression only in the presence of a particular molecule

つまり、前者は細胞の環境とは関わりなく、ほとんど一定量、恒常的に生成される酵素や蛋白質について言及する場合に使い、後者は刺激物質が存在して初めて形成・発現される場合、活性化される場合に使うのですね。

4.  cerebral amyloidogenesis

Exogenous Induction of Cerebral Amyloidogenesis Is Governed by Agent and Host
(SCIENCE 22 SEPTEMBER 2006; 1781)

脳内βアミロイド生成の外来性誘導は誘導因子と宿主の影響をうける

<解説>

"amyloidogenesis"という言葉は、ほとんどのmedical dictionaryにまだ載っていません。しかし、"carcinogenesis"がthe production of cancerであることはよくご存じでしょう。"oncogenesis"は、the induction or formation of tumors。"pathogenesis"は、the origination and development of a disease (全てMedline PlusのMedical Dictionary収載)。つまり"-genesis" は、起源,発生,生成,進化を表しているのですね。そうであるなら、amyloidogenesisはthe deposition, production or formation of amyloidでしょう。"amyloidosis"と、どう違うのか。MedlinePlusのMedical Dictionaryでは、"amyloidosis"は次のように説明してあります。

:a disorder characterized by the deposition of amyloid in organs or tissues of the animal body
病名なのですね。

Scienceに"amyloidogenesis"が初登場したのは、1997年。その後、年に1回程度、計5回ほど論文に登場しています。

5.  connectivity map

The Connectivity Map: Using Gene-Expression Signatures to Connect Small Molecules, Genes, and DiseaseWe demonstrate that this "Connectivity Map" resource can be used to find connections among small molecules sharing a mechanism of action, chemicals and physiological processes, and diseases and drugs.
(29 SEPTEMBER 2006; 1929)

相関表示マップ:遺伝子発現サインを用いて、低分子、遺伝子、疾患をつなぐ
この「相関表示マップ」資料は、同じ作用機序を持つ低分子や化合物と生理的プロセスとの関連、疾患と薬物間での関連を見つけるのに有用である(ことを示す)。

<解説>

"connectivity" もmedical dictionaryには収載されておらず、Merriam Webster On-Line Dictionaryで次のように説明されています。

: the quality, state, or capability of being connective or connected <connectivity of a surface>; especially : the ability to connect to or communicate with another computer or computer system

いやいや、本文中にちゃんと説明してありました。
We will refer to this resource as a "Connectivity Map" because of its potential to reveal "connections" among drugs, genes, and diseases.

それで、相関表示マップと名付けたわけです。もっと良い表現があればご一報ください。

今月の翻訳教室はいかがでしたか?

来月もお楽しみに!