~第3回~

ふーちゃんこと田村房子です。サイエンス誌の英語を使って科学英語を勉強するコーナー「ふーちゃんの翻訳教室」も3回目を迎えました。ところで、3月3日号サイエンス誌に興味深い記事が掲載されています。「親切心」、つまり「他者を助けてあげたい」と考える傾向は人間だけかと思っていましたが、なんとチンパンジーでも困っている人を助けることが実証されたのです。親切心も持たない人はチンパンジー以下、ってことなんでしょうか。
さて、今月も「覚えてほしい」フレーズや用語を紹介します。「難しいけど勉強になる」って言ってもらえれば幸いです。ご質問も含め、多くのご意見をおまちしています。ご意見はこちら

▼今月のフレーズ

1 neuroblasts migrate from --- to ---

In the adults brain, neuroblasts born in the subventricular zone migrate from the walls of the lateral ventricles to the olfactory bulb.(science 3 February 2006 311:629)

成体の脳において、脳室下層で生れた神経芽細胞は、側脳室の壁から嗅球に向けて移動する。

<解説>
<migrate>は、マクロ的に人が移住する、鳥や魚が移動する(渡る)場合につかう、と思っていませんか。ミクロ的にも使うのですよ。現に、MedlineのMedical Dictionaryには、<migrate>が次のように説明されています。
to move from one place to another: as a : to move from one site to another in a host organism especially as part of a life cycle b of an atom or group : to shift position within a molecule
前者aにあたります。「遊走する」と訳すこともあります。細胞の遊走はcell migrationです。東北大学、器官構築学セミナーの以下の説明を読むとよくわかります。
<神経細胞のもとになる神経幹細胞は、Ventricular Zoneと呼ばれる限局した領域にのみ存在し、そこで細胞分裂を繰り返し、生じた娘細胞はVentricular Zoneから最終的な目的地に移動する。この過程が神経細胞の遊走で...>

言い換えはおもしろいことにorient overが使ってあります。この文章に続いて、How do these cells orient over such a long distance and through complex territories? と述べてあるのです。うれしいことに、これは日本人著者の論文でした。

2. by chronic, but not acute, administration

Mice experiencing repeated aggression develop a long-lasting aversion to social contact, which can be normalized by chronic, but not acute, administration of antidepressant. (science 10 February 2006 311: 864)

繰り返し攻撃を受けたマウスは、別のマウスとの社会的接触に対する嫌悪を長期間持続して示すようになる。この反応は、抗うつ薬の長期的投与によって正常化が可能であるが、短期的投与では可能でない。

<解説>
なんて事もない表現? いえいえ、この挿入の仕方は是非マスターしておきましょう。---
by chronic administration of antidepressant, but not by acute administration. でもいいのですが、この表現より引き締まったかっこいい文体です。省略できるところは省略する。字数制限があるAbstractに使えるテクニックです。挿入前後のコンマも省略されることがあります。We identify general conditions under which populations can or cannot undergo coherent oscillations (science 17 November 2000 290: 1360) 程度は、言及することもないですね。少し向きを変えて、chronic rather than acute administrationなどと展開もできますよ。

3. widely implicated in

Norepinephrine (NE) is widely implicated in opiate withdrawal, but much less is known about its role in opiate-induced locomotion and reward. (science 17 February 2006 311:1017)

ノルアドレナリン(NE)は、アヘンなどオピオイド依存からの離脱に関与していることが広く知られているが、オピオイドによって誘発される運動や報酬行動におけるNEの役割についてはほとんど知られていない。

<解説>
<implicate> は、Merrian Webster Online Dictionary では、次のように説明されています。
1: to involve as a consequence, corollary, or natural inference: IMPLY; 2. archaic: --- 3. 3 a : to bring into intimate or incriminating connection b : to involve in the nature or operation of something.
今ひとつぴんと来ません。しかし、"A implicates B"というのは、Britannica Concise Encyclopedia にわかりやすい例が出ています。
"John has three sons" conversationally implicates that John has no more than three sons.
AからBがそれとなく(暗に)わかる、推論される、示唆される、ということです。形を変えれば、"B is implicated (by A)"ですね。冒頭の例文の前半をその形にしてみましょう。in opiate withdrawal は一見すると副詞句ですが、すぐ前に名詞がなければ、主語を修飾する形容詞句と考えることもできます。
Norepinephrine (NE) in opiate withdrawal is widely implicated. こうなると、opiate withdrawal におけるNE【の存在】が広く【多くの人に】示唆されている、NEがopiate withdrawal に関与していることが広く知られている、ということになります。そこで、上記のような訳文になりました。

4. quorum-sensing signaling

We review recent research into two fundamental bacterial small-molecule signaling pathways: extracellular quorum-sensing signaling and intracellular cyclic dinucleotide signaling.(science 24 February 2006 311:1113)

今回われわれは、細菌における2種類の基本的な低分子シグナル伝達経路 -- 細胞外のquorum sensing(定数感知)シグナル伝達経路と細胞内の環状ジヌクレオチドシグナル伝達経路 -- に関する最近の研究について概説した。

<解説>
quorum-sensing は見慣れない言葉ですね。"quorum" はmedical dictionary には収載されておらず、 The American Heritage® Dictionary of the English Language: Fourth Edition にNOUN として次のように説明されています。
1. The minimal number of officers and members of a committee or organization, usually a majority, who must be present for valid transaction of business. 2. A select group.

"quorum sensing"は、本文の冒頭に説明してありました。参考のために抜粋してみます。
One major role of bacterial extracellular small-molecule signaling is in cell-cell communication (quorum sensing), which involves the production, release and community-wide detection of molecules called autoinducers. Quorum sensing provides a mechanism for bacteria to monitor one another's presence and to modulate gene expression in response to changes in population density. 簡単に言えば、注)に記したように、ある一定数の細菌が集合したことを細菌自身が感知し応答する機構でしょう。ヒトにもあるのかな?

 

以上、今月はいかがでしたか?
チンパンジーは、誰に助けてもらったら効果的なのか、までわかっているようなのです。研究やビジネスの現場に「以下」の人、結構いたりして。進んで人に親切にしましょう。