株式会社アスカコーポレーション - 医薬翻訳・英文校正・メディカルライティング ・通訳

ASCA

 ASCAの活動

ASCA Academy

ASCAでは翻訳者やチェッカー等の登録者に対して、人材教育プログラムASCA Academyを開催。年間の講義テーマや方針など重要なことはASCA Academy委員会のメンバーで協議し、決定したことを実行するためメンバーには色々な役割が与えられている。ASCA Academy事務局は受講希望者からの申し込み受付、講師との調整、講義当日の運営等の業務に従事。すぐに翻訳に使える知識や現場の声を届け、ASCA登録者のスキルアップを目指している。

ASCA瀬戸内研修 

2016年度ASCA社員研修として、10/28(金)と10/29(土)の2日間、瀬戸内国際芸術祭が行われている岡山県犬島、香川県直島を訪問。"よく生きる~世界中の人々の生命と健康を守ることに貢献する"を考える」を研修のテーマに、様々なアクティビティを行った。散策中にはASCAオリジナルカードバトルゲームも実施!このゲームで使われたカードは、研修参加者全員が、自分の好きな芸術作品の写真とその作品への想いを載せた手作りのもの。チーム対抗で行われたこのゲームを通して、参加者同士の相互理解が深まった

ASCA瀬戸内研修_全体写真.JPG

「飛鳥リレーマラソン2015」で大健闘

2015年11月「アスカRC(ランニングクラブ)」が発足し初めてのマラソン参加。1周1.5kmのコースを襷でつなぎながら28周、42.195kmをチームで無事完走した。社員だけでなく、弁護士、翻訳者やチェッカーなどで構成され、各自練習を重ね、当日に臨んだ。あいにくの雨だったが、士気は高く、当初の4時間切りを大きくクリアし3時間28分、120チーム中55位だったというのだから初参加にしては上出来。たすきを未来に託したい。

ASCA東北研修 森と海と明日へ~MORIUMIUS~

2015年9月、東北石巻市雄勝にあるMORIUMIUS(森・海・明日)で社員研修。4年半前の3.11、大被害を受けたこの地で、研修、ご飯炊き、早朝トレッキング、現地の人との交流や手伝いなどを行った。MORIUMIUSというのは、震災で8割が壊滅した雄勝町にある93年前の小学校。その廃校をボランティアの力で蘇らせ、研修施設として国内外の人たちを呼び集めて復興を支える。2015年7月にオープン後、企業研修として活用したのはASCAが第一弾。

ASCAめでたく二十歳に

2015年4月、東京と大阪でASCAの成人を祝う感謝の会を開催。OB社員たちも加わり、長いような、あっという間だったような20年を振り返った。社長と取締である田村2人で走ってきたが、そんな二人に社員たちが心温まるプレゼントを。1995年のビンテージワインと特性ケーキ。皆の心がこもってずっしり重い。大人になったASCAの独り立ちに請うご期待。

ASCA 20周年 八芳園でおもてなし

2014年9月、東京「八芳園」で20周年記念講演会・懇親会を開催した。今までお世話になったクライアント、翻訳者、チェッカーの方たちへの感謝が目的。筑波大学名誉教授「村上和雄」先生に笑いと遺伝子についてのご講演をいただき、科学レベルの笑いで会場が盛り上がった。バルーンアーティストのp0p0さんも登場、彼女の作品とパフォーマンスは会場に幸せを届けてくれた。「変えていくもの、変えてはならないもの」をしっかりと見極め、変革を恐れないベンチャースピリットと伝統を大切にする、という八芳園のスピリットに同調。これからの10年、20年、変えていくもの、変えてはならないものを極めながら成長していきたい。

アクセプトされる英語医学論文作成術(中山書店)出版

2014年9月、中山書店から、田村房子著「ワンランク上のジャーナルにアクセプトされる英語医学論文作成術―最新の臨床研究から学ぼう」を出版。長いタイトルながら、"ワンランク上"、"臨床研究"がキーワード。2006年の「インターネット時代の英語医学論文作成術―プロが使っている究極の技」の続編である。「インターネット時代の~」では"コピペをしよう"、とうたったが、それは勝手に自分で英作文するな、という意味で、「ワンランク上の~」では一歩進み、どう言い換えるのか(paraphrasing)に一つの焦点を当てている。

ASCA Camp "淡路夢舞台"開催

2014年3月、兵庫県淡路島国際会議場「夢舞台」で、翻訳者やチェッカーの方々のさらなるレベルアップを目指した合宿形式の翻訳講座を開催。日英翻訳に主眼を置き、世界に通用するトップレベル翻訳者を育成するために、英訳概論、医学論文、新薬申請資料、統計、医師が求める翻訳サービス、日英演習など、ASCAの現役シニア翻訳者、医師たちが実践指導した。懇親会、情報交換会など、日常の厳しい業務から離れ、瀬戸内海に浮かぶ「夢舞台」でプロ翻訳者への夢の舞台を演出した2日間だった。

> 会社説明会エントリーのページ