株式会社アスカコーポレーション - 医薬翻訳・英文校正・メディカルライティング ・通訳

ASCA

 核医学検査とは?

 

核医学検査は、単純X線、CTスキャン、超音波(エコー)、MRIなどと同様の画像診断の一つで、病院によってはアイソトープ検査あるいはRI検査などとも呼ばれています。微量の放射線を出す物質である放射性同位元素(RI:ラジオアイソトープ)を投与し、その体内での分布を外部から特殊なカメラで撮像することにより画像や数値としてとらえ、形態と機能を描出し、病態を把握して診断や治療効果の判定に役立てる検査方法です。

また、最近がん検診で注目を集めている、FDG(フルオロデオキシグルコース)というブドウ糖の類似物質を用いたPET検査も核医学検査のうちの一つです。
PETPositron Emission Tomographyを略したもので、日本語で、陽電子放出断層撮影法と呼ばれています。一般核医学と異なる点は、陽電子(ポジトロン)崩壊を行うRIを使用するところにあります。がんなどの細胞がグルコース(糖)を栄養源として利用する特徴を活かした検査であり、腫瘍以外にも、脳や心臓などの診断もできます。


 

主な核医学検査


検査法

使用製剤

適応疾患


脳血流シンチグラフィ

123I-IMP
99mTc-HMPAO
99mTc-ECD

脳梗塞、脳動脈閉塞・狭窄、一過性脳虚血発作(TIA)、脳内出血、クモ膜下出血、モヤモヤ病、脳腫瘍、アルツハイマー病、パーキンソン病、てんかんなど


心筋血流シンチグラフィ

201Tl(タリウム)
99mTc-tetrofosmin
99mTc-MIBI

虚血性心疾患(急性心筋梗塞、陳旧性心筋梗塞、安定狭心症、不安定狭心症、血行再建術後のフォローアップ)、拡張型心筋症、肥大型心筋症など


甲状腺シンチグラフィ

123I(ヨード-123)
131I (ヨード-131)
99mTcO4-

 

甲状腺機能亢進症(バセドウ病、プランマー病)、甲状腺機能低下症、甲状腺腫瘍の鑑別、甲状腺癌の転移巣、甲状腺炎、異所性甲状腺など


骨シンチグラフィ

99mTc-MDP
99mTc-HMDP

 

転移性骨腫瘍、原発性骨腫瘍(骨肉腫、骨髄腫)、骨折、関節炎、骨髄炎、骨膜炎など


腫瘍・炎症シンチグラフィ

67Ga(ガリウム)

悪性腫瘍(悪性リンパ腫、悪性黒色腫、甲状腺未分化癌、他)、炎症性疾患(サルコイドーシス、感染病巣の検出、膿瘍、間質性肺炎、他)


肺血流・肺換気シンチグラフィ

99mTc-MAA
81mKr(クリプトン)
133Xe(キセノン)
99mTcガス(テクネガス)

 

肺塞栓症、肺癌、間質性肺炎(肺繊維症)、手術後肺機能予測、閉塞性肺疾患、気管支喘息、肺気腫、肺高血圧症、大動脈炎における肺動脈病変など


腎シンチグラフィ

99mTc-MAG3
99mTc-DTPA
99mTc-DMSA

腎血管性高血圧症、移植腎、腎奇形、腎腫瘍、腎炎、尿路疾患、水腎症など


FDGによるPET

18F-FDG

てんかん、虚血性心疾患、肺癌、乳癌、大腸癌、頭頸部癌、脳腫瘍、膵癌、悪性リンパ腫、転移性肝癌、原発不明癌、悪性黒色腫、食道癌、子宮癌、卵巣癌




 

核医学治療・小線源療法とは?

 

核医学治療とは、RIが特異的に目的とする細胞に集積することを利用し、投与されたRIからの放射線(β線)により細胞を破壊させて治す方法です。RI内用療法、RI治療などと呼ばれることもあります。
小線源治療とは、RIを、外部への漏れによる汚染がないように小容器(小線源)に密封し、それを病変の表面に密着、または内部に挿入するなどして行う、癌に対する放射線治療方法の一つです。小線源治療にはさまざまなものがありますが、本研究会ではそのうち125Iシードを扱っています。  
 


本研究会で扱っている治療法


治療法

使用製剤

適応疾患


核医学治療

131I -ヨウ化ナトリウム

甲状腺癌、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

89Sr-塩化ストロンチウム

骨転移疾患で疼痛を伴うもの

90Y-ibrtumomab 悪性リンパ腫

小線源療法

125I-seeds(シード)

限局性前立腺癌



 

 

 


事務局:
代表:石岡映子
担当:千種美穂
住所:大阪市中央区平野町1-8-13株式会社アスカコーポレーション内
TEL:06-6202-6272  FAX:06-6202-6271
研究会へのご質問ならびにお問い合わせは、こちらへ